ホーム>WEB MAGAZINE>8F イベント情報

WEB MAGAZINE

8F イベント情報

6月22日(土)マツダのREとル・マン24時間への飽くなき挑戦録のセミナーを品川で開催

 

201961515514.jpg

6月22日(土)『第4回 マツダのREとル・マン24時間への飽くなき挑戦録』と題した講演会が開催されます。

一般財団法人 品川ビジネスクラブ 主催セミナー
多摩川スピードウェイの会 協賛

 

6月22日(土)15時から17時

ゲスト:小早川隆治、貴島孝雄、出来利弘

会場:SHIP(大崎ブライトコア4F)多目的室   http://www.ship-osaki.jp

定員:50名

参加費:1000円(品川ビジネスクラブ法人・個人会員は無料)

参加申込受付:

一般財団法人品川ビジネスクラブ 担当 中村、比留間
https://www.shinagawa-businessclub.jp

Eメール:info@shinagawa-businessclub.jp

 

8月4日(日)NCEC ロードスターミーティング 2019 in ターンパイク箱根を開催します

20196140265.jpg

 

8月4日()NCEC ロードスターミーティング 2019 in ターンパイク箱根

 

日付:2019年8月4日(日曜日


場所:
アネスト岩田ターンパイク箱根 駐車場 Fエリア

主催:
NCEC ROADSTER CLUB(出来)

入場:
9時〜

開会式:
10時

イベント開催時間:
10時〜14時

自己紹介タイム予定時間:
第一部:午前11時〜11時40分
第ニ部:午後13時〜13時40分

昼食:
大観山ラウンジ内の食堂を各自でご利用ください。

参加募集台数:
NCロードスター 50台(目標) 

予定内容:
NCオーナー、ファン同士の交流、集合写真の撮影他。
NCロードスターが14回目の誕生日をNCが生まれた8月にターンパイク箱根でお祝いしましょう!

参加費:
当日、現地にて参加費280円とターンパイクの通行料金(普通車720円)を頂戴しております。
ゲートで通行料金をお支払いされた方は当日受付の際に通行領収書をお預かりさせていただきます。

参加申込:
氏名とお電話番号、そして『8月4日(日)NCEC ROADSTER MEETING in 箱根 参加希望』と書いて、
下記までEメールにてご連絡ください。おおよその台数を把握してオフ会準備したいと思います。
(ターンパイク箱根から
、スカイラウンジ1階の飲食店で使える飲食特典券を、人数分用意していただきます)


以前のNCECミーティングのレポートはこちら
全国各地から多数の参加がありました。約1年ぶりのNCEC ROADSTER CLUB イベントとなります。
標高が高いため、夏なのに涼しく、気持ちよいターンパイク箱根の駐車場でNCロードスターを並べ、その魅力について語り合いましょう!

 

ターンパイク箱根から、スカイラウンジ1階の飲食店で使える飲食特典券を、人数分用意していただいています。

参加ルール:
オフ会参加に関するターンパイク箱根からの注意事項を必ず守ってください。
当然のことですが違法改造車での参加は禁止です。しっかりと整備をしてご参加ください。
ルールを守っていただけない場合は止むを得ず退場をお願いしたり、イベント自体を開催中止させていただく場合がございます。
イベントの中止:
雨天時はラウンジ2Fのカフェ内でミーティングしたいと思っております。万一、天候などの理由により、イベントを中止せざるを得ない場合は前日の18時までにサイトで告知します。
今回は当日参加できなくなった場合、キャンセル料等はいただきません。雨天未使用車など無理はなさらないでください。遅刻、早退も特に問題はございません。連絡の必要もありません。
 
道中は取り締まりなどもあるかと思いますので、交通ルールを守り、気をつけていらしてください。
 

 

 

 

 

お申込み、お問い合わせ先:
NCEC ROADSTER CLUB 実行委員
 ディーテクニック 出来 利弘まで
info@d-technique.co.jp

 

 

 

 

2016981169.jpgのサムネイル画像

7月7日(日)箱根セブンデイ 〜RX-7ミーティング〜 2019 in 箱根を開催

 

昨年、マツダ RX-7 発売から40周年を

SA、FC、FD、歴代RX-7で箱根の地に集まりお祝いしました。

今年も7月7日(日曜)という素敵な日にちにターンパイク箱根をお借りすることができましたので

RX-7を並べ、少人数でお互いにその魅力を語り合い、想い出に残る楽しいひとときをご一緒しましょう

201871316236.jpg

 

7月7日()箱根セブンデイ  〜RX-7ミーティング〜 2019 in ターンパイク箱根
 

日付:2019年7月7日(日曜日
 

場所:
アネスト岩田ターンパイク箱根 駐車場 Fエリア

主催:
RX-7 Meeting 事務局(出来)

スタッフ到着:

8時30分 予定

入場:
9時〜

開会式:
10時

イベント開催時間:
10時〜14時

自己紹介タイム予定時間:
第一部:午前11時〜11時40分
第ニ部:午後13時〜13時40分
(時間の関係から一部の参加者のみとなります)

昼食:
大観山ラウンジ内の食堂を各自でご利用ください。

参加募集台数:
RX-7    77台(目標)
特に制限はございません 


参加募集車両:
RX-7 (SA22C、FC3S、FC3C、FD3S)  

予定内容:
RX-7オーナー、ファン同士の交流、集合写真の撮影。

 

2018714213814.jpg
201861105449.jpg

 

 

201871418526.jpg

 

2018611144.jpg

 

ゲスト:

RX-7(SA、FC)デザイナー:小野 隆 氏(現 TAAK  DESIGN)

RX-7(FD、FC)開発主査:小早川 隆治 氏(現モータージャーナリスト)

※RX-7ファン同士の交流がメインのミーティングです。ゲストのお二人と一緒に参加車両を観せていただきながら、語り合いたいと思います。またゲストは諸事情により予定変更となる可能性もございますので予めご了承ください。
開催に至る経緯:
昨年はちょうど初代RX-7(SA22C)デビューから40周年でターンパイク箱根で2回、ミーティングを行いましたが、参加者のみなさんからもゲストのお二人からもとても楽しい時間であったということで、今年も開催して欲しいとの声が高まっていた中、ちょうど7月7日という素晴らしい日程にターンパイク箱根会場を予約することができましたので、今年は「箱根セブンデイ」として開催することとなりました。歴代RX-7オーナーみなさんの参加をお待ちしております。
 
 

2018714185149.jpg

20186111536.jpg

参加費用:
1名につき 参加費2,000円 
ターンパイクの通行料金(普通車720円)の合計2,720円を当日現地で頂戴しております。小田原料金所ゲートで通行料金をお支払いされた方は当日受付の際に通行領収書をお預かりさせていただきます(参加費2000円のみいただきます)。
反対側から来られてもミーティング参加には通行料金(普通車720円)のお支払いが必要です。

※当日、参加費の現金の受取は代表の私、出来(1名)のみが行い、引き換えに飲食特典券をお渡します。万一、私が遅れても後ほど回収いたしますので、他の参加者にお渡しならないようお願いいたします。

当然のことですが参加費をお支払いただいていない方は貸切敷地であるFエリアへの入場は禁止です。反対側の他の場所に駐車して歩いて入場することはターンパイク箱根より禁止されています。当日参加ご希望の方は必ず会場内に車両を入れて、自主的に参加受付をし、参加費をお支払いください。

参加申込期間:
6月2日(日)から受付開始(定員になり次第終了) 

参加申込:
お名前、お電話番号と共に『7月7日(日)箱根セブンデイ 〜RX-7ミーティング〜 2019 in 箱根 参加希望』と書いて、
RX-7 Meeting事務局 ディーテクニック出来

          E-mail : info@d-technique.co.jp までご連絡ください。
          参加申込用紙を返信させていただきます。

          24時間以内に必ず返信しております。万一返信がない場合、
          なんらかの事情でEメールが届いていない可能性がございますので、
          お電話にてご確認ください。
        

          またEメール環境のない方も
          
          TEL 045-590-5121(RX-7 
Meeting事務局 ディーテクニック出来)

          までお電話いただければ郵送やFAXでも対応させていただきます。 
                   

 

ターンパイク箱根から、スカイラウンジ1階の飲食店で使える飲食特典券を、人数分用意していただいています。

参加ルール:
オフ会参加に関するターンパイク箱根からの注意事項とお知らせを必ずご確認ください。
当然のことですが違法改造車での参加は禁止です。しっかりと整備をしてご参加ください。
ルールを守っていただけない場合は止むを得ず退場をお願いしたり、イベント自体を開催中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。

>>> http://www.htpl.co.jp/entry-info.html?id=65066&bc=true
イベントの中止:
雨天時はラウンジ2Fのカフェ内でミーティングしたいと思っております。その場合は別途ドリンクバーなど購入いただく必要がございます。万一、天候などの理由により、イベントを中止せざるを得ない場合は前日の18時までにサイトで告知します。
今回は当日参加できなくなった場合、キャンセル料等はいただきません。雨天未使用車など無理はなさらないでください。遅刻、早退も特に問題はございません。
 
道中は取り締まりなどもあるかと思いますので、交通ルールを守り、気をつけていらしてください。



201861114059.jpg
過去のマツダR&D横浜でのミーティングレポートはこちら
 
20186111356.jpg
201861113529.jpg

 
標高が高いため、夏でも涼しく、気持ちよいのですが、紫外線は強いですのでご注意ください。

201861113430.jpgのサムネイル画像
201861121448.jpg

ターンパイク箱根の駐車場でRX-7を並べ、その魅力について語り合いましょう!

 
 

お申込み、お問い合わせ先:
RX-7 Meeting 事務局
 ディーテクニック 出来 利弘まで
info@d-technique.co.jp
(スマートフォン転送となっております。イベント当日も緊急時はこちらにEメールください)

 

5月4日(祝)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2019 in 筑波サーキット1000の参加受付を開始


201922501410.jpg
5月4日(祝)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2019 in 筑波サーキットコース1000の参加受付を開始しました。
『ディーテクニック走行会でベスト更新』 
筑波サーキットコース1000での走行会はみなさんと一緒にドラテク向上を目指し、モータースポーツの楽しさを体感していただくためのイベントです。クルマ好きのみなさんと過ごすミーティングとしても楽しんでいただけるようにとスタッフ一同、準備を進めてまいります。
 
お問い合わせ、申込み方法はこちらのメールアドレス
info@d-technique.co.jp
にお名前、お電話番号と参加車種、『5月4日筑波サーキットコース1000参加希望』とメ―ルいただければ、
走行会の申込用紙など詳細情報を返信します。
また電話での受付も行なっておりますので、ディーテクニック TEL 045-590-5121 まで
ご連絡いただければ、FAXや郵送などでのお申込みも可能です。
 
201922502818.jpg
201922503219.jpg

 

 

201821235847.jpg
201821235651.jpg
 
 

 

201821235926.jpg
201922503251.jpg

 

 

20182124211.jpg
20182124037.jpg

 

 

開催日:5月4日(祝)
開催場所:筑波サーキットコース1000
講師:ドライビングアドバイザー 出来利弘
         レーシングドライバー  山西康司
   レーシングドライバー  渡辺圭介
 
集合受付時間:7時30分〜8時
座学・歩行:8時〜9時15分(サーキット攻略法)
走行時間:9時30分〜16時(10分×5回走行 または 10分×3回走行)
受付期間:2月25日(月)〜 4月25日(木)定員になり次第、締め切り 
参加費用:25,000円(10分×5回走行、タイム計測、保険料を含む)または
       17,000円(10分×3回走行、タイム計測、保険料を含む)
 

20182124433.jpgのサムネイル画像
 
 
車種は問いません。
サーキットデビューの方にも走り易いように細心の注意を払って少人数クラス分けを行なっておりますので、
安心してご参加いただけます。
同乗走行を希望される方には『ご自身の走行枠外の時間』にオーナーを助手席に乗せて講師が参加車両をドライブします。
 
201922503348.jpg
 
 
201922503430.jpg



同乗走行、ドライビングアドバイスを行う講師
20189141530.jpg

ドライビングアドバイザー
レーシングドライバー 出来利弘(デキトシヒロ)

1989年 レーシングカート 参戦
1990年 レーシングカート関東地方選手権   参戦
1991年 レーシングカート関東地方選手権 優勝
1992年 FJ-1600  MINEシリーズ 参戦
1993年 FJ-1600  筑波シリーズ 参戦

1995年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 
1996年 全日本F3選手権Jクラスチャンピオン
2008年 RX-8マスターズシリーズチャンピオン
2009年 全米 STAR MAZDA プロシリーズ 13レース参戦
               BBSハードチャージャーアワード受賞。
    
マスターズクラス2位
2018年ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 最終戦筑波サーキットコース2000で予選ポールポジションから優勝

1999年から全国を周り、座学によるドライビングスクール、同乗走行ドライバー講師をはじめ、19年間の経験。2000年からドライビングテクニックスクール『ディーテクニック』を立ち上げ、筑波サーキット走行会、ジムカーナ場での練習会を開始し、現在に至る。2011年から2016年までマツダロードスター・パーティレース、マツダファン・エンデュランス(マツ耐)、マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)、マツダ・ドライビングアカデミーで『ドライビングアドバイザー』を担当し、ドライビングアドバイス、同乗走行を行った。

 
201938214513.jpgのサムネイル画像


レーシングドライバー 山西 康司(ヤマニシ コウジ)

1992年 13歳でレーシングカートにデビュー。TKFストッククラスチャンピオン
1993年 SUZUKA選手権シリーズFAクラス チャンピオン
1994年 SUZUKAワールドカップ 『A・セナメモリアルカップ』受賞
      世界選手権in アルゼンチン 2位(日本カート史上初表彰台)
      SUZUKA選手権シリーズFSAクラス チャンピオン
1995年 SRS-F(鈴鹿レーシングスクールフォーミュラ)  第1期生首席卒業
1996年  全日本F3シリーズ(PIAA中嶋レーシング) 史上最年少優勝(3回)
               ルーキーオブザイヤー受賞
1997年  フォーミュラ・ニッポン(PIAA中嶋レーシング) 史上最年少デビュー
1998年  フォーミュラ・ニッポン(PIAA中嶋レーシング) 
     JGTC GT500 HONDA NSX (中嶋レーシング) NSX初優勝、
                                                                         オールスター戦優勝
1999年  フォーミュラ・ニッポン(チームルマン)
2000年 フォーミュラ・ニッポン(チームNOVA)
2001年 フォーミュラ・ニッポン(チームルマン)
2002年FD (フォーミュラドリーム) ペースセッター・ドライバー
          JGTC GT500 HKS MercedesCLK
2003年 全日本F3シリーズ スポット参戦(ローラ/チーム童夢) 優勝
          JGTC GT500 (JLOC Lamborghini Diablo JGT-1) 
          鈴鹿1000km (JLOC Lamborghini Diablo JGT-1)
2004年 フォーミュラ・ニッポン(CARROZZERIA Team MOHN)
     JGTC GT500 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1)
2005年 SUPER GT GT500 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1) 
     ルマン耐久選手権  イタリアMONZA
2006年 SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1) 
全日本スポーツカー耐久選手権(JLOC Lamborghini MURCIELAGO RGT) 
    第3戦岡山優勝(ポール・トゥウィン) 
  フランスLE MANS 24時間耐久レース (ルマン サルテサーキット)出場
              (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RGT) ルマン耐久選手権 
          イタリアMONZA
2007年SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1) 
フランスLE MANS 24時間耐久レース (ルマン サルテサーキット)出場
スタートドライバー(JLOC Lamborghini MURCIELAGO RGT)
2008年SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1)
2009年SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1) 
アジアン・ル・マン・シリーズGT-1クラス(岡山)出場
(JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1)
2010年SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini GALLARDO RG-3) 
フランスLE MANS 24時間耐久レース(ルマン サルテサーキット)出場
(JLOC Lamborghini MURCIELAGO RSV-LM)
2011年CJ HELLOTVSION SUPERRACE 第7戦
    ※F1韓国グランプリサポートレース(スポット参戦)
2012-2015年
SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini GALLARDO LP600)
2017年 SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini HURACAN GT3)
2018年SUPER GT GT300 (arto-Panther Team Thailand LEXUS RCF GT3)
   SUPER 耐久ST-5 チーム221 NDロードスターでシリーズチャンピオン


201938221146.jpg

レーシングドライバー 渡辺圭介(ワタナベケイスケ)

2006年   ネッツカップヴィッツレースで4輪レースデビュー
2009年   ヴィッツレースグランドファイナル4位
2011年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン
2012年   ヴィッツレース北海道シリーズチャンピオン
2013年   もてぎ1.5チャレンジスポット参戦(優勝)
2016年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン
2017年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン、AUDI A1 FUN CUPチャンピオン
2019年 86 / BRZレース 十勝ラウンド参戦予定
2017年、2018年ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクールにもゲスト講師として参加し、参加者から好評を得た。
 

 

ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 』の詳細はこちら>>> http://www.d-technique.co.jp/contents/2017/06/post-10.php
前回のレポートはこちら>>>http://www.d-technique.co.jp/magazine/2018/12/1222018-in-1000.php

そのほか

4月12日(金)ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール 2019 in 筑波サーキットジムカーナ場の参加受付
http://www.d-technique.co.jp/magazine/2019/02/412-2019-in.php

4月13日(土)ディーテクニックサーキット走行会&スクール2019 in 筑波サーキットコース2000の参加受付を開始しました
http://www.d-technique.co.jp/magazine/2019/01/4132019-in-2000.php

 
 
みなさんの参加をお待ちしております。
 
ディーテクニック
ドライビングアドバイザー 出来利弘
E-mail: info@d-technique.co.jp
 

4月12日(金)ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール 2019 in 筑波サーキットジムカーナ場の参加受付を開始

20181224175443.jpg
 
4月12日(金)ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール 2019 in 筑波サーキットジムカーナ場の参加受付を開始しました。
 
「もっとドラテクの基礎をきっちりと見直ししたい」という走行会参加者のみなさんのご要望にお応えして
筑波サーキットジムカーナ場を使用しての特訓を
ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール』として開催します。
サーキット走行でのタイムアップ、街中での安全なドライビングの基礎となるブレーキング、ステアリング、アクセルの操作を反復練習、
午後は長めのコースを設定して特訓します。
モータースポーツを満喫していただく一方、クルマ好きのみなさんと過ごすミーティングとしても
楽しんでいただけるようにとスタッフ一同、準備を進めておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
お問い合わせ、申込み方法はこちらかまたはメールアドレス 
E-mail: info@d-technique.co.jp
にお名前、お電話番号と参加車種、『4月12日(金)初心者向けドラテク基礎練習&スクール参加希望』とメ―ルしてください。
走行会の申込用紙など詳細情報を返信します。
必ず24時間以内対応しておりますので、返信ない場合はメールが確認できていない場合がございます。
その際は電話で確認をお願いします。また電話での受付も行なっておりますので、ディーテクニック TEL 045-590-5121 まで
ご連絡いただければ、FAXや郵送などでのお申込の対応も可能です。
 
 
2018122314572.jpg
 
開催日:2019年4月12日(金)
開催場所:筑波サーキットジムカーナ場
講師:
ドライビングアドバイザー 出来利弘(デキトシヒロ)
レーシングドライバー 蘇武喜和(ソブヨシカズ)

イベントMC:柴田真友子(シバタマユコ)
 
 
 
開場: 6時30分以降
集合受付時間:7時〜7時30分
座学:7時30分〜8時(座学によるドライビング講座)
基礎練習走行(サイドターン、スラローム、ブレーキング、ソックスターン)
:8時過ぎ〜12時(グループ分けで走行)
お昼休み:12〜13時
応用コース走行:13時〜16時(タイム計測)
募集台数:20台
受付期間:2月11日〜4月5日 (定員になり次第、締め切り)
参加費用:13,800円(1日、基礎練習+コース走行、タイム計測を含む)、昼のお弁当は別途:1,000円(1名)
       10,000円(午後のみ、コース走行、タイム計測を含む)、昼のお弁当は別途:1,000円(1名)
      
20181223151810.jpg
2018122315274.jpg
20181223151456.jpg
20181224141341.jpg
 
車種は問いません。お一人で参加される方も楽しんでいただけるようにプログラムを組んでいます。
ジムカーナ場でのイベントですので他車との接触の心配などなく、安心してモータースポーツに集中することが出来ます。
安全にスポーツ走行を楽しむためのテクニックを身に付けたい方、自分のクルマの挙動を体感したい方、
クルマの動きをしっかりと理解したい方、サーキットデビューを考えられている方などに適したイベントです。
走り易いように細心の注意を払ったコースレイアウトとクラス分けを行なっておりますので、安心して参加いただけます。
 
 
20181223143332.jpg
2018122725325.jpg
 

2018122316177.JPG
201934213445.jpg
 
講師の同乗走行を希望される方には自分の走行枠外でも行います。
また時間内に参加者同士の同乗走行も可能です。
 
同乗走行、ドライビングアドバイスを行う講師
20189141530.jpg

ドライビングアドバイザー
レーシングドライバー 出来利弘(デキトシヒロ)

1989年 レーシングカート 参戦
1990年 レーシングカート関東地方選手権   参戦
1991年 レーシングカート関東地方選手権 優勝
1992年 FJ-1600  MINEシリーズ 参戦
1993年 FJ-1600  筑波シリーズ 参戦

1995年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 
1996年 全日本F3選手権Jクラスチャンピオン
2008年 RX-8マスターズシリーズチャンピオン
2009年 全米 STAR MAZDA プロシリーズ 13レース参戦
               BBSハードチャージャーアワード受賞。
    
マスターズクラス2位
2018年ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 最終戦筑波サーキットコース2000で予選ポールポジションから優勝

1999年から全国を周り、座学によるドライビングスクール、同乗走行ドライバー講師をはじめ、19年間の経験。2000年からドライビングテクニックスクール『ディーテクニック』を立ち上げ、筑波サーキット走行会、ジムカーナ場での練習会を開始し、現在に至る。2011年から2016年までマツダロードスター・パーティレース、マツダファン・エンデュランス(マツ耐)、マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)、マツダ・ドライビングアカデミーで『ドライビングアドバイザー』を担当し、ドライビングアドバイス、同乗走行を行った。

 
201934212915.JPG
201934213010.jpg
 

201934213550.JPG
レーシングドライバー 蘇武喜和(ソブヨシカズ)
 
筑波ツーリングカー選手権 TTC1600 、TTC1400
両クラス チャンピオン&コースレコードホルダー

2014年からスーパー耐久参戦
2018年スーパー耐久 ST-TCRクラス参戦
富士SUPER TEC24時間耐久 ST-TCRクラス優勝
2019年スーパー耐久 ST-TCRクラス参戦
ホンダシビックTCR
筑波サーキットジムカーナ場で『プロセス練習会』の定期的開催やプライベートレッスンなど講師として活躍。
2018年ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクールにもゲスト講師として参加し、参加者から好評を得た。


 

201934224055.jpg


 

2019330195745.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

イベントMC    柴田真友子(シバタマユコ)

カートレースシリーズチャンピオン経験者で2012年からイベントMCとして活動し、8年の実績を持つ。現在は出版にかかわる自営業も行なっている。

大学卒業後、印刷営業、ITコンサルタントなどの仕事を行いながら、
趣味としてオートバイのツーリングやサーキットのスポーツ走行を経験
2008年  レンタルカートの耐久レース参戦。各コースイベントに4年参戦
2012年 レーシングカートも参戦開始
2015年 Festika栃木のMAX infinityクラスでシリーズチャンピオン獲得

モータースポーツ関連のレースイベントMC実績:
・フェスティカ栃木 耐久レース (2012年~2015年シリーズ)
・ネオスピードパーク耐久・スプリントレース(2014年~現在)
・新東京サーキット 耐久・スプリントレース (2016年~現在)
・オートパラダイス御殿場 スプリントレース(2018年~現在)
・場内ラジオ放送Pit-FM イベントカメラマン、SNS関連業務(2014年~)

 
 
過去の開催のレポートはこちら >>>
http://www.d-technique.co.jp/magazine/2018/12/121-2018-in-1.php
 
お問い合わせ、申込み方法はこちらかまたはメールアドレス 
E-mail: info@d-technique.co.jp
 
ディーテクニック
ドライビングアドバイザー 出来利弘

4月13日(土)ディーテクニックサーキット走行会&スクール2019 in 筑波サーキット2000の参加受付を開始

 

201913112337.jpg
4月13日(土)ディーテクニックサーキット走行会&スクール2019 in 筑波サーキットコース2000の参加受付を開始しました。
 
筑波サーキットコース2000でみなさんと一緒にドラテク向上を目指し、モータースポーツの楽しさを体感していただくためのイベントです。クルマ好きのみなさんと過ごすミーティングとしても楽しんでいただけるようにとスタッフ一同、準備を進めてまいります。
 
お問い合わせ、申込み方法はこちらのメールアドレス
info@d-technique.co.jp
にお名前、お電話番号と参加車種、『4月13日(土)筑波サーキットコース2000走行会参加希望』とEメ―ルいただければ、走行会の申込用紙など詳細情報を返信します。
また電話での受付も行なっておりますので、ディーテクニック TEL 045-590-5121 まで
ご連絡いただければ、FAXや郵送などでのお申込みも可能です。
 
2018831234713.jpg2018831234531.jpg
2018831234513.jpg201913112123.jpg
 




今回、Revolfe S.A.とのタイアップ枠を設けておりますので、Zやスープラ、GT-R、ポルシェ、AMGなどのハイパワー、ハイパフォーマンススポーツカー、ロードスターなどのライトウェイトスポーツと分け、筑波サーキットコース2000を存分に走りたいと思います。
 
 
201913121215.jpg
201913121235.jpg
 
 
 
201913121337.jpg
20191312146.jpg

  

 

 
2018123123507.jpgのサムネイル画像
20181231234747.jpgのサムネイル画像
 
2018831234737.jpg2018831234427.jpg
走行は3グループに分けて行います。20〜22台で1グループとします。
それぞれ13分ずつ3回の走行時間を走っていただきます。1回目の走行は講師の先導走行に続いて追い越し禁止で『先導走行』を行いますのでフリー走行は実質10分程度になります。その後の2回目は13分フリー走行、3回目も13分フリー走行となります。
比較的時間を短めで区切ることでドライバーの集中力を持続させ、タイヤやブレーキの負担も軽減しています。もちろん、走行前には座学でサーキット攻略法もしっかりと行い、講師による同乗走行も行い、楽しく安全に走ってもらえるようサポートします。

講師には2018年パーティレースⅢ NDシリーズ最終戦で筑波サーキットコース2000でポールポジションから優勝した出来利弘と、その他にも筑波サーキットコース2000をかなり走り込んでいる筑波マイスターを迎える予定です。筑波をかなり走り込んでいて更にタイムアップしたいと思っている上級者の方、レース参戦されている方も更に細かいドラテク、攻略法を語り合い、タイムアップやレースに役立つヒントを見つけてもらえるような同乗走行を行いたいと思っています。
 
 
201913112928.jpg
<夢の筑波サーキット2000先導走行体験>
今回、この先導走行の部分のみ参加し、筑波サーキットコース2000を体感してみたい!という方のために参加募集も行います。『4月13日(土)筑波サーキットコース2000先導走行体験の参加希望』と書いてお申込みください。
走行会参加者20台に続いて、先導走行体験希望者が10台、講師の先導走行に続いて追い越し禁止で走ります。
車種は問いません。走行会&スクール参加者のみなさんを応援に来られる方はちょっと体験で走行されると見学も楽しくなります。
スピードは控えめで、タイヤが泣かないレベルのものです。『先導走行』で実質2周(コントロールライン1回通過)を走行し、ピットインして走行終了ですので実質3分ほどになりますが、筑波サーキットコース2000を体験できる貴重な機会となります。
助手席や後席にも定員まででシートベルト着用、道路交通法に従った状態であれば(膝の上にお子様を乗せるなどは禁止)、ヘルメット無しでお友達やご家族など乗せて走行することも可能です。
 
20182124433.jpgのサムネイル画像
 
 

開催日:4月13日(土)

開催場所:筑波サーキットコース2000

講師:
ドライビングアドバイザー 出来利弘

ゲスト講師:
レーシングドライバー 蘇武喜和(ソブヨシカズ)
レーシングドライバー 大岩浩気(オオイワコウキ)

イベントMC:柴田真友子(シバタマユコ)
 
集合受付時間:7時30分〜8時20分(11番ピットでゼッケン、計測器の配布)

座学・ブリーフィング:8時30分〜9時30分(11番ピット2階VIPルームにて、サーキット攻略法)
 
走行準備:9時30分〜9時50分

走行時間:10時〜12時(13分×3回走行)
 
閉会式・解散:12時〜12時10分

受付期間:1月31日(木)〜 4月5日(金)定員になり次第、締め切り 

走行会&スクール参加費用:19,500円(13分×3回走行、1回目の先導走行を含む。タイム計測、保険料を含む)
募集台数:各クラス20台程度(車種とタイムレベルを優先して調整)

先導体験走行参加費用:3,000円(先導走行、コントロールライン1回通過のみ、保険料含む)
 
 
 
201821232632.jpg
 
車種は問いません。
講師による同乗走行のみ認められています。同乗走行を希望される方には『ご自身の走行枠ではない時間』にオーナーを助手席に乗せて他の走行枠に入り、講師が参加車両をドライブします。同乗走行車両はライトオンで走行します。
 
 
 
 
 
同乗走行、ドライビングアドバイスを行う講師は
20189141530.jpg

ドライビングアドバイザー
レーシングドライバー 出来利弘(デキトシヒロ)

1989年 レーシングカート 参戦
1990年 レーシングカート関東地方選手権   参戦
1991年 レーシングカート関東地方選手権 優勝
1992年 FJ-1600  MINEシリーズ 参戦
1993年 FJ-1600  筑波シリーズ 参戦

1995年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 
1996年 全日本F3選手権Jクラスチャンピオン
2008年 RX-8マスターズシリーズチャンピオン
2009年 全米 STAR MAZDA プロシリーズ 13レース参戦
               BBSハードチャージャーアワード受賞。
    
マスターズクラス2位
2018年ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 最終戦筑波サーキットコース2000で予選ポールポジションから優勝

1999年から全国を周り、座学によるドライビングスクール、同乗走行ドライバー講師をはじめ、19年間の経験。2000年からドライビングテクニックスクール『ディーテクニック』を立ち上げ、筑波サーキット走行会、ジムカーナ場での練習会を開始し、現在に至る。2011年から2016年までマツダロードスター・パーティレース、マツダファン・エンデュランス(マツ耐)、マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)、マツダ・ドライビングアカデミーで『ドライビングアドバイザー』を担当し、ドライビングアドバイス、同乗走行を行った。

 

201891405434.jpg
レーシングドライバー 蘇武喜和(ソブヨシカズ)
 
筑波ツーリングカー選手権 TTC1600 、TTC1400
両クラス チャンピオン&コースレコードホルダー
2014年からスーパー耐久参戦
2018年スーパー耐久 ST-TCRクラス参戦
富士SUPER TEC24時間耐久 ST-TCRクラス優勝
2019年スーパー耐久 ST-TCRクラス参戦
ホンダシビックTCR
筑波サーキットジムカーナ場で『
プロセス練習会』の定期的開催やプライベートレッスンなど講師として活躍。
2018年ディーテクニックドラテク基礎練習&スクールで講師として参加し、好評を得た。

 

201932224621.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
レーシングドライバー 大岩浩気(オオイワコウキ)

2015年 Vitz race 関東シリーズ参戦
2016年 Vitz race 関東シリーズ参戦
            スーパー耐久 ST5クラス 富士 6位入賞
2017年 Vitz race 関東 東北 関西シリーズ参戦
             スーパー耐久 ST5クラス もてぎ 2位、富士 6位入賞
             アウディ・ドライビング・エクスペリエンス・タイムトライアル総合優勝
     2018年スーパー耐久スポット参戦権を獲得
2018年 スーパー耐久 TCRクラス 参戦(Audi RS3 LMS)
ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 年間シリーズランキング3位。
激戦のパーティレースで連続表彰台獲得など、2019年注目のドライバー。 

 

 

2019330195745.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

イベントMC    柴田真友子(シバタマユコ)

カートレースシリーズチャンピオン経験者で2012年からイベントMCとして活動し、8年の実績を持つ。現在は出版にかかわる自営業も行なっている。

大学卒業後、印刷営業、ITコンサルタントなどの仕事を行いながら、
趣味としてオートバイのツーリングやサーキットのスポーツ走行を経験
2008年  レンタルカートの耐久レース参戦。各コースイベントに4年参戦
2012年 レーシングカートも参戦開始
2015年 Festika栃木のMAX infinityクラスでシリーズチャンピオン獲得

モータースポーツ関連のレースイベントMC実績:
・フェスティカ栃木 耐久レース (2012年~2015年シリーズ)
・ネオスピードパーク耐久・スプリントレース(2014年~現在)
・新東京サーキット 耐久・スプリントレース (2016年~現在)
・オートパラダイス御殿場 スプリントレース(2018年~現在)
・場内ラジオ放送Pit-FM イベントカメラマン、SNS関連業務(2014年~)

 

 

 

お問い合わせ、申込み方法はこちらのメールアドレス

info@d-technique.co.jp
にお名前、お電話番号と参加車種、『4月13日(土)筑波サーキットコース2000走行会参加希望』とEメ―ルいただければ、走行会の申込用紙など詳細情報を返信します。
また電話での受付も行なっておりますので、ディーテクニック TEL 045-590-5121 まで
ご連絡いただければ、FAXや郵送などでのお申込みも可能です。

そのほか
4月12日(金)ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール 2019 in 筑波サーキットジムカーナ場の参加受付
http://www.d-technique.co.jp/magazine/2019/02/412-2019-in.php
 
 
 
みなさんの参加をお待ちしております。
 
ディーテクニック
ドライビングアドバイザー 出来利弘
E-mail: info@d-technique.co.jp
 

2019年イベントのご案内

2019年

 

4月12日(金)ディーテクニック初心者向け基礎練習会&スクール2019 in 筑波サーキットジムカーナ場

 

4月13日(土)ディーテクニック走行会2019 in 筑波サーキットコース2000

 

5月4日(祝)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2019 in 筑波サーキットコース1000

 

5月12日(日)ロードスターOASISミーティング in 姫路セントラルパークに出展

 

7月6日(土)第2回 新型ジムニー&ジムニーシエラ(JB64 & JB74)ミーティング with ToshiMTG 2019 in 箱根

(6月16日より参加申込開始予定)

 

7月7日(日)箱根セブンデイ  〜RX-7ミーティング〜 2019 in 箱根
 

 

8月4日(日)NCECロードスターミーティング2019 in 箱根

 

 

10月20日(日)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2019 in 筑波サーキットコース1000

(7月25日より参加申込開始予定)

 

みなさんの参加をお待ちしています。

 

ディーテクニック

出来利弘

12月1日、2日 ディーテクニック筑波ドラテク特訓 2DAYS を開催します

12月1日(土)、2日(日)ディーテクニック筑波ドラテク特訓&走行会2018 in 筑波サーキット2DAYSを開催します。
 
2日間連続で参加はもちろん、どちらか1日のみ参加でも大歓迎です。
 
ディーテクニックでは毎年11月末に、『筑波ジムカーナ場でのドラテク基礎練習』か『筑波サーキット1000走行会』を交互に開催して来ましたが、どちらの参加者からも「今年もやってほしい!」と熱い要望をいただきましたので、今年は2日間で両方開催することとなりました。1日目にジムカーナ場でドラテクの基礎を学び、2日目にサーキット走行会で実践する合宿形式は、1日目が終わった後に反省点を再確認したり、頭を整理して身体は休めるので、翌日から最も効率よくレベルアップできる素晴らしい機会で、私もこの練習方法で大きく成長したことがなんどもあります。
2日間の費用、日程の確保など、なかなか機会を作るのは難しいものですので、来年以降はこういった開催は予定しておりません。特に遠方から参加の方は1泊2日でたっぷり走り込める絶好の機会ですので、ご検討ください。
 
またゲスト講師ドライバーを追加いたしました。
 
2018年スーパー耐久レース優勝など活躍中の
蘇武喜和 選手
 
ヴィッツレースでチャンピオンなど活躍中の
渡辺圭介 選手
 
に同乗走行ドライバー、ドライビングアドバイザーに加わってもらい、
私、出来利弘と参加者のみなさんとドラテク向上、タイムアップに向けて、トコトン走りたいと思いますので、どうぞこの機会に一緒に汗を流して、走り込みましょう!
 
 
まず1日目は
 
 
 
「もっとドラテクの基礎をきっちりと見直ししたい」という走行会参加者のみなさんのご要望にお応えして
筑波サーキットジムカーナ場を使用しての特訓を
ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール』として開催します。
サーキット走行でのタイムアップ、街中での安全なドライビングの基礎となるブレーキング、ステアリング、アクセルの操作を反復練習、
午後は長めのコースを設定して反復練習、特訓です。光電管によるタイム計測も行います。
自分のクルマを講師が運転し、助手席に乗る同乗走行で、走りのタイミングやリズム、操作などが学べます。
参加者同士で同乗走行できるのもジムカーナ場の練習会のメリットですね。
 
 
今回は特別オプションで、希望者にはディーテクニックの方で『ホテル予約』と『夜の食事会』を用意しています。
1日目が終わったら、筑波サーキット近くのホテルへ移動し、チェックイン後に夜の食事会場へと集合します。今回はこの参加者同士の交流ができるのも楽しみの一つです。私の方からもジムカーナ基礎練習での反省点について、ドラテクについてとコース1000攻略へ向けてのアドバイス、質疑応答などができればと考えています。
しっかり考えて、しっかり休んで『サーキット走行』に備えることができる貴重な機会です。
 
 
そして2日目は
 
『ディーテクニック走行会でベスト更新』を合言葉にドラテク向上を目指します! 
ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール in 筑波サーキットコース1000』はみなさんと一緒にドラテク向上を目指し、モータースポーツの楽しさを体感していただくためのイベントです。毎回サーキットデビューという、初めての方も多数参加しています。ドラテク向上に役立つ講師による同乗走行は自分の走行時間を削ることなくできる工夫をしているのが特徴。同じくらいのタイムで少なめの台数とし、同じクラスの人と隣同士になっているので、初めてで一人で参加の方も安心です。もちろんタイム計測付き、コース歩行、コースパレードラン、コース上撮影などクルマ好きのみなさんと過ごすミーティングとしても楽しんでいただけるようにと企画しています。
 
詳細は上記リンクより、それぞれのイベントページでご確認ください。
 
 
 
 

10月14日(日)RX-7 40th Anniversary Meeting 2018 Part 2 in 箱根を開催します

マツダRX-7(SA22C)発売から40周年

初代SAはもちろん、FC、FD、歴代RX-7で箱根の地に集まり、

RX-7の魅力を語り合い、想い出に残る楽しいひとときをご一緒しましょう

 

201871316236.jpg

 

201861105449.jpg

 

10月14日()RX-7 40周年ミーティング 2018 パート2  in ターンパイク箱根
 

日付:2018年10月14日(日曜日

 

明日、予定通り、ターンパイク箱根にてミーティングを開催いたします。

山の上ですので、小田原よりも約10℃ほど気温が低くなる可能性が高いです。

かなり冷え込むことが予想されますので、ジャケット、コート、ヒートテッックなど防寒対策をお願いいたします。

気をつけてお越しください。

 

場所:
アネスト岩田ターンパイク箱根 駐車場 Fエリア

主催:
RX-7 Meeting 事務局(出来)

スタッフ到着:

8時30分 予定

入場:
9時〜

開会式:
10時

イベント開催時間:
10時〜14時(オーナー同士の交流がメイン)

RX-7とゲスト囲んでのトークタイム予定時間:
第一部:午前11時〜11時40分
第ニ部:午後13時〜13時40分
(進行状況から予定変更となる場合がございます)

昼食:
大観山ラウンジ内の食堂を各自でご利用ください。

参加募集台数:
RX-7    77台(目標) 

参加募集車両:
RX-7 (SA22C、FC3S、FC3C、FD3S)  

予定内容:
RX-7オーナー、ファン同士の交流、集合写真の撮影。
RX-7の40周年をターンパイク箱根でお祝いしましょう!

201871418526.jpg

2018611144.jpg

 

ゲスト:

RX-7(FD、FC)開発主査:小早川 隆治 氏(現モータージャーナリスト)

RX-7(FC)実研部リーダー: 立花 啓毅 氏(現モータージャーナリスト)

RX-7(SA、FC)デザイナー:小野 隆 氏(現 TAAK DESIGN)

 

※RX-7ファン同士の交流がメインのミーティングです。ゲストのお二人と一緒に参加車両を観せていただきながら、語り合いたいと思います。今回はご挨拶の他、講演などの予定はございません。またゲストは諸事情により予定変更、追加となる可能性もございますので予めご了承ください。
開催に至る経緯:
7月7日(土)RX-7 40周年ミーティング in 箱根を開催いたしましたが、大変盛り上がりすぎて、用意していたお話、コンテンツが半分もこなせず、終了時間となってしまいました。また大雨による災害のため、広島や関西地区などから参加希望されていた20台以上の方が参加できなかったり、7/7という日程もあり、イベントが重なっていたこと、日曜日開催の希望など、もう一度!というアンコールの声を驚くほど多数いただき、40周年が終わる前に再び開催となりました。
更に前回ゲスト参加いただいた小早川 隆治 氏より、RX-7(FC3S)シャシーセッティングを始めとするマツダ車の開発に多大な影響を与えて来た立花 啓毅 氏はどうされているのか。彼を是非、お呼びしてRX-7を囲んでユーザーとの意見交換をするべきだ!とご提案をいただき、立花氏にオファーしたところ、参加していただけることとなりました。スポーツカーを愛するエンスージアストでもある立花氏ですが、ミーティング会場へいらっしゃる機会はほとんどなく、交流できるこの機会は大変貴重なものです。
2回目ということで台数など、どうなるか?不安の残るところではありますが、50周年まで待っても同じくレジェンドの皆さんとこのような貴重な機会を設けられるかどうか、自信がありません。今、私に出来ることで、みなさんが幸せを感じていただけるなら、この場所に再びみんなで集い、語り合いたいと思いました。
歴代RX-7オーナー、みなさんの参加をお待ちしております。
追記:小野隆 氏も前回に引き続き、ご参加いただけることになりました。
2018714213814.jpg
2018714185149.jpg

 

20186111536.jpg

参加費用:
1名につき 参加費2,000円 
ターンパイクの通行料金(普通車720円)の合計2,720円を当日現地で頂戴しております。ゲートで通行料金をお支払いされた方は当日受付の際に通行領収書をお預かりさせていただきます。
反対側から来られてもミーティング参加には通行料金のお支払いが必要です。

※当日、参加費の現金の受取は代表の私、出来(1名)のみが行い、引き換えに飲食特典券をお渡します。万一、私が遅れても後ほど回収いたしますので、他の参加者にお渡しならないようお願いいたします。

当然のことですが参加費をお支払いただいていない方は貸切敷地であるFエリアへの入場は禁止です。反対側の他の場所に駐車して歩いて入場することはターンパイク箱根より禁止されています。当日参加ご希望の方は必ず会場内に車両を入れて、自主的に参加受付をし、参加費をお支払いください。
 

 

参加申込期間:
9月8日(土)から受付開始(定員になり次第終了) 

参加申込:
お名前、お電話番号と共に『10月14日(日)RX-7 40th Anniversary Meeting 2018 パート2 in 箱根 参加希望』と書いて、
RX-7 Meeting事務局 ディーテクニック出来

          E-mail : info@d-technique.co.jp までご連絡ください。
          参加申込用紙を返信させていただきます。

          48時間以内に必ず返信しております。万一返信がない場合、
          なんらかの事情でEメールが届いていない可能性がございますので、
          お電話にてご確認ください。
        

          またEメール環境のない方も
          
          TEL 045-590-5121(RX-7 
Meeting事務局 ディーテクニック出来)

          までお電話いただければ郵送やFAXでも対応させていただきます。 
                   

 

ターンパイク箱根から、スカイラウンジ1階の飲食店で使える飲食特典券を、人数分用意していただいています。

参加ルール:
オフ会参加に関するターンパイク箱根からの注意事項とお知らせを必ずご確認ください。
当然のことですが違法改造車での参加は禁止です。しっかりと整備をしてご参加ください。
ルールを守っていただけない場合は止むを得ず退場をお願いしたり、イベント自体を開催中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。

>>> http://www.htpl.co.jp/entry-info.html?id=65066&bc=true
イベントの中止:
雨天時はラウンジ2Fのカフェ内でミーティングしたいと思っております。その場合は別途ドリンクバー400円を注文する必要がございますので、予めご了承ください。万一、天候などの理由により、イベントを中止せざるを得ない場合は前日の18時までにサイトで告知します。
箱根の大観山パーキングはとても寒いかもしれません。ジャケットと万一に備えての傘、着替え、紫外線対策品などご準備ください。
今回は当日参加できなくなった場合、キャンセル料等はいただきません。雨天未使用車で大切にされている方など無理はなさらないでください。遅刻、早退も特に問題はございません。
 
道中は取り締まりなどもあるかと思いますので、交通ルールを守り、気をつけていらしてください。



2018714113655.JPG
過去のミーティングレポートはこちら
 

20189170747.jpg

9月13日に ROTARY BROS. Vol.10 がモーターマガジン社より発売となりました!
P116-117に 7月7日 のRX-7 40th Anniversary Meeting 2018 in ターンパイク箱根
のレポートが掲載されているほか、40th Anniversary『HISTORY OF RX-7 SPIRITS』、REチューニングノート、2018 REイベント密着レポートなど情報満載となっています。http://www.motormagazine.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=975

 
20186111356.jpg
201871421229.jpg

 
標高が高いため、小田原よりも約10℃は気温が低いと思っておいてください

201861113430.jpgのサムネイル画像
201861121448.jpg

 

ターンパイク箱根の駐車場でRX-7を並べ、その魅力について語り合いましょう!

 
 

お申込み、お問い合わせ先:
RX-7 Meeting 事務局
 ディーテクニック 出来 利弘まで
info@d-technique.co.jp
(スマートフォン転送となっております。イベント当日も緊急時はこちらにEメールください)

 

9月22日(土)NB ROADSTER 20th Anniversary Meeting 2018 パート2 in 箱根を開催します

 

201512543338.jpg

9月22日(土)NB ROADSTER 20th Anniversary Meeting 2018 Part.2  in ターンパイク箱根

 

日付:2018年9月22日(土曜日

 

場所:
アネスト岩田ターンパイク箱根 駐車場 Fエリア

主催:
NB ROADSTER CLUB(出来、金田、中嶋、石井)

入場:
9時〜

開会式:
10時

イベント開催時間:
10時〜14時

ゲストトークタイム予定時間:
第一部:午前11時〜11時40分
第ニ部:午後13時〜13時40分

昼食:
大観山ラウンジ内の食堂を各自でご利用ください。


※本日、9月22日(土曜)予定通りイベント開催いたします。もし雨天になりましたらは大観山ラウンジ2Fへ移動し、ゲストを交え、みなさんと交流します。
道中お気をつけてお越しください。
 
募集台数:
NBロードスター88台
 
ゲスト:
NBロードスター開発主査:貴島 孝雄 氏(現山口東京理科大教授)
RX-7開発主査:小早川 隆治 氏(現モータージャーナリスト)

RX-7デザイナー:小野 隆 氏(現 TAAK  DESIGN)

予定内容:
NBオーナー、ファン同士の交流、集合写真の撮影他。
NB20
周年記念ミーティングのアンコール企画としてターンパイク箱根で開催します

※NBオーナー、ファン同士の交流がメインのミーティングです。ゲストと一緒に参加車両を観せていただきながら、語り合いたいと思います。今回はご挨拶の他、講演などの予定はございません。またゲストは諸事情により予定変更となる可能性もございますので予めご了承ください。

開催に至る経緯:
NB ROADSTER 20th Anniversary Meeting を1月にマツダR&Dセンター横浜で開催いたしましたが、人数に制限があり、参加をご遠慮いただいた方、冬季のため、降雪地域からの参加が困難であったことなどから、「夏から秋にターンパイク箱根で開催してほしい!」とたくさんの要望をいただいていました。今回、NB開発主査を担当された貴島 孝雄 氏を山口県よりゲストにお迎えすることが可能となったため、急遽イベント開催を企画いたしました。また先日のRX-7 40th Anniversary Meeting 箱根でもご一緒した2代目、3代目のRX-7開発主査の小早川 隆治 氏、初代RX-7(SA22C)、2代目RX-7(FC3S、FC3C)をデザインされた小野 隆 氏もご参加いただき、NBロードスターを囲んで楽しい時間を過ごせる機会を作ろうと企画いたしました。NBロードスターオーナー、NBファンのみなさんの参加をお待ちしております。

 

参加費用:
1名につき 参加費2,000円 
ターンパイクの通行料金(普通車720円)の合計2,720円を当日現地で頂戴しております。ゲートで通行料金をお支払いされた方は当日受付の際に通行領収書をお預かりさせていただきます。
反対側から来られてもミーティング参加には通行料金のお支払いが必要です。

※当日、参加費の現金の受取は代表の私、出来(1名)のみが行い、引き換えに飲食特典券をお渡します。万一、私が遅れても後ほど回収いたしますので、他の参加者にお渡しならないようお願いいたします。

 

参加申込:
台数を確定してミーティングを準備したいと思います。(ターンパイク箱根から、スカイラウンジ1階の飲食店で使える飲食特典券を、人数分用意していただきます)

NB Roadster 20th Anniversary Meeting 参加希望』と書いて
          お名前、お電話番号と共にNB Roadster Meeting
事務局
          E-mail : info@d-technique.co.jp までご連絡ください。
          参加申込用紙と詳細案内を返信させていただきます。
       

          48時間以内に必ず返信しております。万一返信がない場合、
          なんらかの事情でEメールが届いていない可能性がございますので、
          お電話にてご確認ください。
        

          またEメール環境のない方も
          
          TEL 045-590-5121(NB Roadster Meeting 
事務局 出来)

          までお電話いただければ郵送やFAXでも対応させていただきます。 

 

申込受付期間:
9月1日(日)〜20日(木)期間内であっても定員になり次第締切。

追記:他車に乗られている方から、当日参加したいとの希望をいただきました。
人数に余裕がありますので、今回受付しますので、出来れば先にメールにてご連絡お願いいたします。

※ご注意ください!!!
参加費をお支払いいただけない方は、当日お越しいただいても、ゲストトークショーはもちろん、それ以外でもイベント敷地内には、一切入場いただくことは出来ません。

 

ターンパイク箱根から、スカイラウンジ1階の飲食店で使える飲食特典券を、人数分用意していただいています。

 

参加ルール:
オフ会参加に関するターンパイク箱根からの注意事項とお知らせを必ずご確認ください。
当然のことですが違法改造車での参加は禁止です。しっかりと整備をしてご参加ください。
ルールを守っていただけない場合は止むを得ず退場をお願いしたり、イベント自体を開催中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。

>>> http://www.htpl.co.jp/entry-info.html?id=65066&bc=true
 
お申込み、お問い合わせ先:
NB Roadster Meeting 事務局(ディーテクニック内)
出来 利弘まで
info@d-technique.co.jp
(スマートフォン転送となっております。イベント当日も緊急時はこちらにEメールください)

 

 

201512545039.jpg

 

20151118202142.jpg

2016981169.jpgのサムネイル画像


お問い合わせはこちら 
ディーテクニック

info@d-technique.co.jp 

 

 

 

 
イメージ画像