ホーム>WEB MAGAZINE>2020年9月

WEB MAGAZINE

2020年9月

9月22日(祝)NA / NBロードスター保存会ミーティング2020 in 箱根を開催

202092110241.jpg

 

9月22日()NA / NBロードスター保存会ミーティング 2020 in 箱根
 

日付:2020年9月22日(祝日


現地は10℃程度しかなく、風も吹く場合があります。セーター程度では足りません!防寒しっかりとコートやジャケットもお忘れなく。参加者のみなさん、道中の取り締まりなども多い様ですので気をつけてお越しください。

場所:

アネスト岩田ターンパイク箱根 駐車場 Fエリア

スタッフ到着:

9時 予定

入場開始可能時刻:
9時〜

開会式:
10時

イベント開催時間:
9時45分〜11時45分

 

※早めに到着された方は柵を外し、中に駐車していていただいて構いません。

 

新型コロナウイルス感染症対策:
会場ではマスク着用、握手など接触自粛、参加者同士の距離確保(ミーティングディスタンス約1m以上の距離を取り、15分以内の会話に留める)、各自アルコール消毒など感染予防対策の徹底にご協力をお願いいたします。
ご協力いただけない場合、ミーティング開催中断、即時解散といたします。

2020921101652.jpg

2020919172013.jpg

9月22日(祝)NA / NBロードスター保存会ミーティング箱根2020 in 箱根を開催いたします。

ユーノスロードスター(NA)、マツダロードスター(NB)のレストアや維持について話し合い、情報交換を行う機会としたいと思います。


会場までの道中は制限速度、交通ルールを厳守して、くれぐれも気をつけていらしてください。道中は特に『スピードに気をつけて』注意していらしてください。

小田原と山頂の大歓山ではかなりの気温差です!ジャケットと日傘をお忘れなく。
大歓山スカイビューラウンジ2F が使用できますので、ご家族での休息や万一の雨でも安心です。
もし、生憎の悪天候となりましたら、屋内に入ります。
車両の近くにいない場合は大歓山スカイビューラウンジまでお越しください。

気軽に遊びにいらしてください。初めての方、もちろん、お一人での参加も大歓迎です☆ 
お会いして楽しくお話できたらと思っておりますのでよろしくお願いします。


NA/NBロードスター保存会MTG 2020 in 箱根
日時:9月22日(祝)午前中 9時45分〜11時45分 (9時00分より入場可能。会場は14時まで滞在は可能です) 
 

場所:アネスト岩田ターンパイク大歓山駐車場 エリアF 
   ターンパイク下り始める入口付近左側(富士山側)
 

参加資格:ユーノス&マツダロードスター(NA/NB)オーナーの方で情報交換したい方
 

参加者:ユーノスロードスター(NA6CE、NA8C)、
    マツダロードスター(NB6C、NB8C)

参加目標台数:30台程度
 

参加費用:
1名につき 参加費1,000円 + ターンパイクの通行料金(普通車730円)の合計1,730円を当日現地で頂戴しております。小田原料金所ゲートで通行料金をお支払いされた方は当日受付の際に通行領収書をお預かりさせていただきます(参加費1000円のみいただきます)。
反対側から来られた方からは今回参加費 1名 2,000円(1台で2名の場合3,000円)のお支払いをいただきます。今回は参加費平等でなく、恐縮ですが、お釣りのないようにご用意いただけるようにお願いします。

 

※当日、参加費の現金の受取は代表の私、出来(1名)のみが行い、引き換えに飲食特典券をお渡します。万一、私が遅れても後ほど回収いたしますので、他の参加者にお渡しならないようお願いいたします。

当然のことですが参加費をお支払いただいていない方は貸切敷地であるFエリアへの入場は禁止です。反対側の他の場所に駐車して歩いて入場することはターンパイク箱根より禁止されています。当日参加ご希望の方は必ず会場内に車両を入れて、自主的に参加受付をし、参加費をお支払いください。

参加申込期間:
9月19日(土)から受付開始(定員になり次第終了) 

参加申込:
お名前、お電話番号と共に『9月22日(祝)NA/NBロードスター保存会ミーティング2020 in 箱根 参加希望』と書いて、
NA/NBロードスター保存会事務局 ディーテクニック出来

          E-mail : info@d-technique.co.jp までご連絡ください。
          初めて参加の方には『参加申込用紙』を返信させていただきます。
          先におおよその人数を把握したいので、ご協力をよろしくお願いします。

          24時間以内に必ず返信しております。万一返信がない場合、
          なんらかの事情でEメールが届いていない可能性がございますので、
          お電話にてご確認ください。
        

          またEメール環境のない方も
          
          TEL 045-590-5121(NA/NBロードスター保存会
事務局 ディーテクニック出来)

          までお電話いただければ郵送やFAXでも対応させていただきます。 
                   

 

ターンパイク箱根から、スカイラウンジ1階の飲食店で使える飲食特典券を、人数分用意していただいています。

参加ルール:
オフ会参加に関するターンパイク箱根からの注意事項とお知らせを必ずご確認ください。
当然のことですが違法改造車での参加は禁止です。しっかりと整備をしてご参加ください。
ルールを守っていただけない場合は止むを得ず退場をお願いしたり、イベント自体を開催中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。

>>> http://www.htpl.co.jp/entry-info.html?id=65066&bc=true
イベントの中止:
雨天時はラウンジ2Fのカフェ内でミーティングしたいと思っております。その場合は別途ドリンクバーなど購入いただく必要がございます。雨天時はそのまま解散とします。万一、天候などの理由により、イベントを中止せざるを得ない場合は前日の18時までにサイトで告知します。
 
 
202092110187.jpg
もし主催より早く到着されてしまった場合、今回はこの「貸切・占有」看板横のパイロンを避けて、中に入って、写真のように停めておいていただいて構いません。一般のNA/NBロードスター以外の車両は入場させないための囲いですので、路上駐車など一般交通の迷惑にならないようにご協力お願いいたします。
当日参加できなくなった場合、キャンセル料等はいただきません。雨天未使用車など無理はなさらないでください。遅刻、早退も特に問題はございませんので連絡不要です。

標高が高いため、夏でも涼しく、気持ちよいのですが、紫外線は強いですのでご注意ください。
 
ターンパイク箱根の駐車場でNA/NBロードスターを並べ、その魅力について語り合いましょう!




ディーテクニックのコンプリートカー『TD-1001R』で行く予定です。

 



ミーティング終了後のランチはそれぞれ各自でラウンジでランチを食べたり、いろんなレストランやツーリングへと出かけたりして、お楽しみください。
 

お申込み、お問い合わせ先:
NA/NBロードスター保存会事務局
 ディーテクニック 出来 利弘まで
info@d-technique.co.jp
(スマートフォン転送となっております。イベント当日も緊急時はこちらにEメールください)

 

新型フェアレディZ(Z35)のデザイン研究

2020918172217.jpg

新型フェアレディZ(Z35)プロトタイプが2020年9月16日発表となった。

9月17日から10月4日までニッサン・パビリオンに実車が展示されている。日産本社グローバルギャラリーのすぐ近くなので、行ってみてはいかがでしょうか。時代を反映した、クルマ好き、日産ファン、様々な人にとって12年ぶりのフルモデルチェンジ、新型フェアレディZ(Z35)一見の価値あり。

 

 

2020918173251.jpg

サイドビューではフロントフェンダーからのキャラクターラインが緩やかにリヤタイヤに向かって落ちていき、逆にサイドステップ部が強く絞り込まれ、ウェッジシェイプとなるので、ティアドロップ系デザインとなっているが、それに繋がるリヤフェンダーが立体的に盛り上がり、上面はウェッジシェイプで跳ね上げられ、筋肉質で男性的。ハイパワーFR車であることを意識させる流麗なデザインだ。S30Zを彷彿とさせるデザインだが、並べてみるとまるで違うのが面白い。
全長4382mm、全幅1850mm、全校1310mmと発表された

 

2020918173516.jpg

中央が盛り上がり、ネガ面に見えるボンネットフード。オープニングラインをここに入れてライトまで綺麗に繋げるためにはフロントフェンダーの高いプレス製造技術が要求されるはず。
エンジンは日産製V6 3000ccターボで400Rに使用されている400PS仕様、6速マニュアルと予想される
 

2020918174931.jpg

リヤデザインはZであることを意識させながら、未来的であり、丸みの中にも昭和時代を彷彿とさせる角ばったエッジを効かせた独特なもの。

まるでIPhoneの画面のようにブラックアウトされたルーフは一見どこがリヤガラスなのかわかならいほど巧みにデザインされている。刀をイメージしたというアルミ調のシルバーのラインも細部までデザインされており、クルマが回転していくときの光り方はまるで本物の刀のようにシャープに見える。

2020918175610.jpg

S30Zを彷彿とさせる復刻エンブレムがリヤゲートに同じく斜めに刻まれ、テールランプはZ32に通づる横長のデザインがLEDで再現されている

2020918175534.jpg

CピラーにはZエンブレムも誇らしげに光る

2020918175747.jpg

大胆なカーボンディフューザーもセンス良くまとめられ、400Rと同様のテールフィニッシャーが見える

20209181812.jpg

2020918175930.jpg

タイヤ前 255/40R19、後 285/35R19と発表された

エッジが効いたスポークの細い純正ホイールに日産の気迫を感じる。

NISSANエンブレムが控えめに小さいのも質感を向上させている。

タイヤを包み込むように下部まで回り込むフェンダーラインもZのボディデザインの質感を向上させている。

この数ミリの延長は量産車ではなかなか実現できるものだはない。

フロントフェンダーの垂直面の折り返しはリヤより狭く、後方へのボカシが上手い。1990年代の名車たちを彷彿とさせる処理でその上面のRの処理に自信がなければ実現できない。

202091818322.jpg

フロントには「Z」のロゴ入り6potキャリパーが見える。
因みにイエローは高温にさらされても最も退色が少ない色だ。

ホイールスポークは真横から見ると細いがこのように上から見ると断面はかなり厚みがある。是非、このまま製造してほしいホイールだ。

 

2020918181310.jpg

 

2020918181340.jpg

このくちばしのようなフロントマスク、S30Zを彷彿とさせるものであり、リップはZ34、頬はZ33にも通ずると様々な世代のZファンに親しみを感じさせる不思議なデザインだ。
 

2020918181546.jpg

 

2020918181621.jpg

 

202091818178.jpg

 

2020918181736.jpg

2020918181811.jpg

2020918181858.jpg2020918182051.jpg

2020918182023.jpg

2020918184125.jpg

2020918181950.jpg

新型フェアレディZ(Z35)とても興味深いモデルチェンジであり、市場の反応に注目したい。

「昔のように原点回帰したデザインにしてほしい」「ヘリテージを感じながらも新しさを織り込んだデザインにしてほしい」よくユーザー側から聞かれる意見であるが、メーカーは常にそのクルマの『未来』を観て、ユーザーの一歩先を行くデザインを提案していかなければすぐに陳腐化してしまう。しかし、ユーザーが求める二歩先を行く先進的すぎるデザインを採用すれば、理解されずに受け入れられない。

電気自動車時代に向けて邁進し、プロパイロットをはじめとして自動運転技術に積極的な日産自動車が、これほどまでにノスタルジックでコンベンショナルな車両を出してきたことは実に興味深い。これを出せるのも50周年、フェアレディZの類い希なるスポーツカーとしての歴史があってこそ出来ることであるし、これまで筆者自身も望んできたものであるが現実となった実車を見てみると、色々と複雑な思いを抱く自分にも嘘がつけない。

非常にブレーンで購入後にユーザー、チューナーがカスタマイズできる余地も上手く残されているクルマだけに車両価格がリーズナブルなものであれば86/BRZか場合によってはそれ以上に盛り上がりをみせるかもしれない。とても期待しているし、私自身も欲しい!と思う要素を多く含んだモデルとなりそうだ。しかしそれは「Z33かZ34を買ってみようかな」と思っていた自分であって、もしS30からZ32までの歴代Zを所有していたら、それを手放してまで欲しいほどの吸引力を持つか?と言われれば、乗って、走ってみるまではなんとも言えない。

現状ではあちこちにS30からZ32のテイストが入っているがゆえに「それを超えていないのではないか」と感じてしまうのだ。乗って、走れば、目の覚めるような驚きと一体感、イイ物感に溢れ、「オレは(私は)Zに乗っているんだ」というブランド感がひしひしと伝わってくるものかもしれない。信じられないほどのエンジンレスポンスとパワー感、意のままのハンドリングと乗り心地がそうさせてくれるかもしれない。それを感じて初めて、コイツ1台で行こう!と思え、S30Zの再来、あるいはZ32の再来となるだろう。やはりスポーツカーは走ってみないとわからない。

想像を超えた『技術の日産』の走りに期待して、じっと待ちたい。

 

自動車研究家
出来利弘

 

12月6日(日曜)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会 2020 in 筑波サーキットコース1000参加受付を開始

20203343756.jpg
12月6日(日曜)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会 2020 in 筑波サーキットコース1000を開催します
 

『ディーテクニック走行会でベスト更新』 
筑波サーキットコース1000での走行会はみなさんと一緒にドラテク向上を目指し、モータースポーツの楽しさを体感していただくためのイベントです。クルマ好きのみなさんと過ごすミーティングとしても楽しんでいただけるようにとスタッフ一同、準備を進めてまいります。

※今回は午前のみ走行会開催のスケジュールとなります。
 
12月5日(土)、6日(日)ディーテクニック筑波ドラテク特訓&走行会2020 in 筑波サーキット2DAYS(どちらか1日での参加もOK)として開催いたします。前日の筑波サーキットジムカーナ場での基礎練習にも是非、参加してみてください。
 
※自分のクルマで楽しむイベントで、屋内で集合しての座学や接近しての集合写真は撮りません。
 希望者にはご自身の走行枠で講師がデモカーで先導走行してラインとタイミングを教える『ひっぱり走行』を行う予定です。
 『同乗走行は希望者だけの限定」とさせていただきますので、安全にスキルアップとストレス解消ができます。
 
お問い合わせ、申込み方法はこちらのメールアドレス
info@d-technique.co.jp
にお名前、お電話番号と参加車種、『12月6日(日)筑波サーキットコース1000参加希望』とメ―ルいただければ、走行会の申込用紙など詳細情報を返信します。
また電話での受付も行なっておりますので、ディーテクニック TEL 045-590-5121 まで
ご連絡いただければ、FAXや郵送などでのお申込みも可能です。
 
201961662749.jpgのサムネイル画像
20196166374.jpgのサムネイル画像
 
 
201961654320.jpgのサムネイル画像
201922503219.jpg

 

 

201821235847.jpg
201821235651.jpg
 
 

 

201961654354.jpgのサムネイル画像
201961651414.jpgのサムネイル画像

 

 

20196167294.jpgのサムネイル画像
20182124037.jpg

 

201961645536.jpgのサムネイル画像
201961645933.jpgのサムネイル画像

20203343953.jpg

開催日:12月6日(日)
開催場所:筑波サーキットコース1000
講師:ドライビングアドバイザー 出来利弘
   (講師は予告なく追加となる場合があります)
 
集合受付時間:7時30分〜8時
座学・歩行:8時〜9時15分(サーキット攻略法)
走行時間:9時30分〜12時00分(10分×5回走行 または 10分×3回走行)
受付期間:9月1日〜 11月26日まで。定員になり次第、締め切り 
参加費用:26,000円(10分×5回走行、タイム計測、保険料を含む)または
       18,000円(10分×3回走行、タイム計測、保険料を含む)
 

201961673840.jpgのサムネイル画像
 
 
車種は問いません。初めて参加される方、お一人で参加される方も大歓迎です。
サーキットデビューの方にも走り易いように細心の注意を払って少人数クラス分けを行なっておりますので、
安心してご参加いただけます。同じクラスになった方は同じ思いで参加されているスポーツ走行を愛する仲間です。この場でお隣と仲良くなって、一緒に走りましょう!走りの方は講師が全力サポートします。
同乗走行を希望される方には『ご自身の走行枠外の時間』にオーナーを助手席に乗せて講師が参加車両をドライブします。自分の走行時間は無駄にはなりません。

 
 
201922503348.jpg
 
 
20196166410.jpgのサムネイル画像



同乗走行、ドライビングアドバイスを行う講師
20197284428.jpg
20189141530.jpg

ドライビングアドバイザー
レーシングドライバー 出来利弘(デキトシヒロ)

1989年 レーシングカート 参戦
1990年 レーシングカート関東地方選手権   参戦
1991年 レーシングカート関東地方選手権 優勝
1992年 FJ-1600  MINEシリーズ 参戦
1993年 FJ-1600  筑波シリーズ 参戦

1995年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 
1996年 全日本F3選手権Jクラスチャンピオン
2008年 RX-8マスターズシリーズチャンピオン
2009年 全米 STAR MAZDA プロシリーズ 13レース参戦
               BBSハードチャージャーアワード受賞。
    
マスターズクラス2位


2018年    ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 最終戦 筑波サーキットコース2000で予選ポールポジションから優勝
2019年 
ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 第2戦   優勝、筑波レース全戦表彰台。年間シリーズランキング2位

1999年から全国を周り、座学によるドライビングスクール、同乗走行ドライバー講師をはじめ、19年間の経験。2000年からドライビングテクニックスクール『ディーテクニック』を立ち上げ、筑波サーキット走行会、ジムカーナ場での練習会を開始し、現在に至る。2011年から2016年までマツダロードスター・パーティレース、マツダファン・エンデュランス(マツ耐)、マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)、マツダ・ドライビングアカデミーで『ドライビングアドバイザー』を担当し、ドライビングアドバイス、同乗走行を行った。

20203344053.jpg
201961673840.jpgのサムネイル画像
 
 
前回のレポートはこちら>>>
https://www.d-technique.co.jp/magazine/2019/11/10202019-in-1000.php
 
 
みなさんの参加をお待ちしております。
 
ディーテクニック
ドライビングアドバイザー 出来利弘
E-mail: info@d-technique.co.jp