ホーム>WEB MAGAZINE>2021年3月

WEB MAGAZINE

2021年3月

REVSPEED 5月号(2021年)にディーテクニック車高調とシバタイヤの記事が掲載されました

2021327194011.jpg

2021年3月26日発売のREVSPEED 5月号にディーテクニック車高調とシバタイヤの記事が掲載されました。

2021327194114.jpg

ディーテクニックは今回、NBロードスターに特化して取材を受けました。

TD-1001Rに新しく開発したオリジナル車高調キットとシバタイヤ 195/50R15 180コンパウンドを装着した車両とマツダロードスター1800RS(NB8C)にディーテクニック車高調とダンロップディレッツァZⅢ 205/45R16タイヤを装着した車両を富士スピードウェイショートコースでプロドライバーの木下みつひろ選手に試乗インプレッションをしていただきました。

202132719421.jpg

今回のレブスピードはマツダ車(RX-7、RX-8、ロードスター)特集です。

チューニング、メンテナンスに関する情報はもちろんですが、メカニズム解説はかなり読み応えのある内容となっており、RX-7(FC3S)ではアンフィニシリーズについて、RX-7(FD3S)ではⅤ型への進化について、RX-8(SE3P)では前期型デビュー時を中心にオーバークオリティな良さについて、ロードスター(NB8C)ではNB2登場時のRSを中心としたビックマイナーチェンジについて、ロードスター(NCEC)ではNC2とNC3のそれぞれ登場時のメカニズム進化について、深く掘り下げて特集されておりますので必見です。

 

自動車研究家 出来利弘

⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️を箱根と一般道でテスト

202131285333.jpg

話題の⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️195/50R15 を早速、TD-1001R(NB6C)に装着し、一般道から箱根でテストしてきたのでインプレッションを書いた。

⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️はR31スカイラインショップとして有名なR31HOUSEの柴田自動車が中国のタイヤメーカーRYDANZ(レイダン)とのコラボレーションで製作したオリジナルラジアル(一般道走行用)タイヤだ。「安くて高性能で見た目も格好いいタイヤを供給して、走るのが大好きな人たちの役に立ちたい」という想いに共感し、ディーテクニックのオンラインショップ『SHOPPINGビル』でも取り扱いを開始したところ、想像を遥かに超えた反響と販売数を記録し、大ブレイク中のタイヤだ。値段の安さも重要だが、ドリフトでしっかりテストを繰り返したタイヤなのでコントロール性の良さ、安全性については十分なものがあるだろうということ、最新のタイヤはNA/NBロードスターにとってはオーバーグリップでマッチングが今ひとつであったことなどから、「これはロードスターにジャストフィットするタイヤなのではないか」とピンと来たからだ。しかもコンパウンドは180(ハイグリップ)、240(スポーツ)、360(コンフォート)の3種類から選択できるというユニークな商品ラインナップとなっている。Sタイヤではなく、一般ラジアルでこういった選択ができるのはありがたいし、自分のクルマのパワーや足回り、走るステージに合わせてチョイスできる楽しみがある。タイヤが安いので失敗してもすぐに他を試せる。これは実に面白く、「自分だけのマシン」作りにワクワクする。

202131293658.jpg

今回のテストで使用したのは195/50R15サイズ、180コンパウンド(ハイグリップ)。使用したホイールはRAYS製ボルクレーシングCE28N 7J×15インセット+28、サスペンションは3月26日発売予定のディーテクニックオリジナル車高調サスキット(ENDLESS FUNCTION をベースにPCRでチューニングし、1台ごとに合わせてオーダーメイドでセッティングするもの。こちらの詳細はまた後日にレポートする)。

まずタイヤを組んでわかることはタイヤが軽量でサイドウォール部が柔らかめだということ。重量は同サイズのダンロップディレッツァZⅢとほぼ同等だった。サイドの感触はちょうど10年以上前の国産ハイグリップタイヤを彷彿とさせるもので案の定、空気圧は高めに入れてちょうどロードスターとマッチングする感じだった。

2021312102053.jpg

近年のハイグリップタイヤはタイヤの剛性が高いのは良いのだが車両重量がもっとあるクルマに合わせて設計されているためか、ロードスターやヴィッツなど軽量なクルマで一般道やサーキットで走ろうとすると異常に低めの空気圧に設定しないとサイド部が動いてくれず、接地面積も少なくなってしまうため、その性能が上手く発揮できなかった。そこに登場したシバタイヤは昔ながらの空気圧設定でベストとなりそうなので、TD-1001Rはもちろん、ロードスターなどのライトウェイトスポーツカーとのマッチングが良さそうだ。具体的には2.1〜2.3kgf/㎠前後でとても乗り心地がよく、ワインディングでも乗りやすかった

タイヤのキャラクターとしては切り始めからシャープに応答して、軽快感があるが、2.3kgf/㎠で高速直進安定性はしっかりとしており、シビアすぎると感じることはなかった。パターンノイズはやや大きめだが、許容範囲だ。長時間の高速道路走行でも国産ハイグリップタイヤと比較しても違和感なく、むしろ乗り心地はあたりが柔らかで快適に感じられた。180コンパウンドはブレーキ性能、ウェット性能ともに問題ないどころかとても安心感があり、オールマイティに使えそうだ。

ワインディングに入ってくると楽しさで思わず笑みが溢れてしまった。「人馬一体で意のままに走れる感覚がとにかく楽しい!」少なくとも『ロードスターで運転の練習用』として今、現在最適なタイヤとしてお勧めできる。ブレーキングからターンインでは素直に回頭するが荷重移動の量を変えるとそれによって上手くいったり、いかなかったりした際に違いがはっきりと出て、ドライバーに正しいドライビングを要求すること。それはしっかりとしたグリップの中で安全に楽しめる。ややオーバースピード気味にコーナーに入ればアンダーステア気味になり、そこからステアリングを切り足せばフロントタイヤがきちんと潰れ、ブレーキを緩めるとしっかり内側に向きが変わる。リヤタイヤも適正なアクセルワークで立ち上がれば綺麗に走り、開け過ぎればタイヤが倒れ込み、テールスライドが始まる。ドリフトで鍛えられたタイヤだけあって唐突ではなく、ジワジワとタイヤがスライドするのでコントロールが実にしやすい。ギャップのある路面で跳ねるような場面でもしなやかに凹凸を吸収するし、アクセルOFFでのタックインもハッキリと出る。S字で右左右と連続して切り返していくような場面でもステアリングに対する応答は適度にシャープで切れ味鋭い。舵角が大きくなりマッタリしたような動きにはならないし、最近のハイグリップタイヤのように構造が硬すぎて、トレッドゴムだけで走って磨耗が早そうなフィーリングもなかった。

 

2021312102012.jpg

この日、一緒に持ち込んだマツダロードスター1800RS(NB8C)も同じディーテクニック車高調を装着しており、タイヤは205/45R16のダンロップディレッツァZⅢを装着していたが交互に乗り換えても一長一短あるものの、グリップ感や安定感は酷似しており、違和感がほとんどなかった。

 

『第一印象として、シバタイヤとNA/NBロードスターとのマッチングはかなり良さそうだ。』
軽快感、シャープさ、挙動変化の確かさといった点ではとても分かりやすいので練習にも最適。しかも価格が安い

まだまだ未完成な部分もあるが、そこが魅力とも言えるシバタイヤ。タイヤの進化も大事だが、それ以上に大切な『ドライバーの進化』のためにこのままの性能で、このままの価格で出来るだけ長く作り続けて欲しいタイヤだ。

 

 

<サイズ、コンパウンドの追加>

1970年代、80年代を中心とする旧車用タイヤサイズが次々と各タイヤメーカーのラインナップから落ちて、絶版となっている現状から、それらのサイズを設定し始めたシバタイヤだが、ロードスターとのマッチングの良さからTD-1001Rにも採用している205/45R16サイズの追加をお願いした。NDロードスターNR-Aなどで楽しむ195/50R16サイズの追加が決定している。これらは新たに金型を起こし、2021年夏頃に発売予定だ。

現状は185/60R14195/50R15がロードスターに適合する。

またコンパウンドについて追加があり、180、240、280、380、440と5種類になった。今回テストした180も良いが、240と380、その中間となる280あたりもロードスターとのマッチングがどうなのか、気になるところだ。

今後もサーキット、その他でサイズ、コンパウンドの違いなどテストし、感じたことをレポートしていきたい。

2021312102133.jpg

 

『⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️』にラインナップされているNA/NBロードスター用は『ディーテクニックSHOPPINGビル』で販売中。

 

⚡️SHIBATIRE⚡️ 195/50R15 をSHOPPINGページに追加しました

https://www.d-technique.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=82

 

スバル レガシィ ランカスター 5MT(GH-BH9)中古車 売約済み

202112614525.jpg

 

スバル レガシィ ランカスター  5MT(GH-BH9)中古車 売約済み  

 

info@d-technique.co.jp 追記:こちらの商品は売約済みとなりました。
 

車を手放される方はお気軽にこちらまでご相談ください。

 

ディーテクニック
info@d-technique.co.jp
TEL 045-590-5121 

 

 

車両価格 14.3万円(税込)

走行距離 80,800km   1オーナー

平成10年式(1998年式) ミッション 5MT(マニュアル)車
ベージュツートン


フルタイム4WD
エンジン排気量 2500cc
車検 2021年9月まで
型式 GF-BH9

 

 
202112615549.jpg
タイヤサイズは215/60R16で山もあります。サイドプロテクター、マッドガード、ルーフレールを備えています。
車高が高めなので街中のふだん使いはもちろん、多少の悪路も走りやすいです。
 
 
20211261585.jpg
ダークブルーの文字盤にイエロー指針のシンプルで見やすいアナログメーター。右側タコメーター内には時計も付いてます。
 
20211261596.jpg
MOMOの本革巻ステアリング
ウッド調パネルとベージュのお洒落なインテリア。
広いガラスエリアはUVカットガラスを採用しており、視界がとても良いです。
ドアミラーは電動格納式。
左右のエアバッグ、ABSなど標準装備。
 
 
202112615729.jpg
超稀少! このモデルで5MTのレガシィは本当に稀少です!
フルタイム4WDはLo/Hiモード切替式
 
 
 
 
2021126284.jpg
サイドレザー、中央部はファブリックのシートは擦れもなく、とても綺麗です
20211262914.jpg
リヤシートも広い
20211262945.jpg
ツーリングワゴンですので5名乗車時でもたくさん荷物が積めます。
6対4分割可倒式シートを倒せば長尺物も積めます。
 
 
202112621131.jpg
 
 
202112621154.jpg
リヤゲートの内側までカーペットが張ってあり、質感が高いです
 
2021126208.jpg
エンジンはEJ25 水平対向DOHC16 バルブ 4気筒 2500cc 
167ps(123kw)/6000rpm、24.0kg・m(235N・m)/2800rpm
 
豊かなトルクと軽量な車両重量1460kgで軽快に走ります。
 
20211262034.jpg
定期的にメンテナンスされていた車両で2020年11月28日にバッテリーを新品に交換しています。
 
2021126212.jpg
エンジン、サス、オートエアコンなど快調です。
202112615456.jpg
 
20211262146.jpg
ボディは傷が多いのですが、内装はとても綺麗。マニュアル運転車両としては最適です
 
 
 
20211262242.jpg
 
フォグランプを標準装備
 
 
202112621039.jpg
屋根付き車庫だったので、ヘッドライトは曇りなどなく綺麗です
 
現状不具合箇所は写真では目立ちませんが、ボディが4角などに傷が多数あります。
キーレスが動きません(多分電池切れ)。ETCが付いていません。
 

中古車に関しては高額な商品となりますので実際に現車を確認し、納得してから購入をお願いいたします。また掲載記事の内容はクルマのオーナーさんに取材し、コメントをまとめて作成したものですが、メンテナンスの記録、修復歴、修理履歴などはディーテクニックで査定確認を行ったり、裏づけはとっていません。予めご了承ください。

 

 


お問い合わせはこちら>>> 

ディーテクニック

info@d-technique.co.jp 追記:こちらの商品は売約済みとなりました。
 

車を手放される方はお気軽にこちらまでご相談ください。

 

ディーテクニック
info@d-technique.co.jp
TEL 045-590-5121