ホーム>WEB MAGAZINE>2019年7月

WEB MAGAZINE

2019年7月

10月20日(日曜)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2019 in 筑波サーキット1000の参加受付を開始

20196165149.jpg
10月20日(日曜)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2019 in 筑波サーキットコース1000の参加受付を開始しました
 

『ディーテクニック走行会でベスト更新』 
筑波サーキットコース1000での走行会はみなさんと一緒にドラテク向上を目指し、モータースポーツの楽しさを体感していただくためのイベントです。クルマ好きのみなさんと過ごすミーティングとしても楽しんでいただけるようにとスタッフ一同、準備を進めてまいります。

※今回は午後から走行開始のスケジュールとなります。
 
お問い合わせ、申込み方法はこちらのメールアドレス
info@d-technique.co.jp
にお名前、お電話番号と参加車種、『10月20日筑波サーキットコース1000参加希望』とメ―ルいただければ、走行会の申込用紙など詳細情報を返信します。
また電話での受付も行なっておりますので、ディーテクニック TEL 045-590-5121 まで
ご連絡いただければ、FAXや郵送などでのお申込みも可能です。
 
201961662749.jpgのサムネイル画像
20196166374.jpgのサムネイル画像
 
 
201961654320.jpgのサムネイル画像
201922503219.jpg

 

 

201821235847.jpg
201821235651.jpg
 
 

 

201961654354.jpgのサムネイル画像
201961651414.jpgのサムネイル画像

 

 

20196167294.jpgのサムネイル画像
20182124037.jpg

 

201961645536.jpgのサムネイル画像
201961645933.jpgのサムネイル画像

 

開催日:10月20日(日)
開催場所:筑波サーキットコース1000
講師:ドライビングアドバイザー 出来利弘
         レーシングドライバー  山西康司
   (講師は予告なく追加となる場合があります)
 
集合受付時間(場所):11時00分〜11時20分(筑波サーキットコース1000駐車場の奥の広場)
座学・ブリーフィング:11時30分〜12時30分(サーキット攻略法、コントロールタワー2F)
走行時間:13時〜16時(10分×4回走行 または 10分×2回走行)
受付期間:7月28日(日)〜 10月10日(木)定員になり次第、締め切り 
参加費用:23,000円(10分×4回走行、タイム計測、保険料を含む)または
       14,000円(10分×2回走行、タイム計測、保険料を含む)
 

201961673840.jpgのサムネイル画像
 
 
車種は問いません。初めて参加される方、お一人で参加される方も大歓迎です。
サーキットデビューの方にも走り易いように細心の注意を払って少人数クラス分けを行なっておりますので、
安心してご参加いただけます。同じクラスになった方は同じ思いで参加されているスポーツ走行を愛する仲間です。この場でお隣と仲良くなって、一緒に走りましょう!走りの方は講師が全力サポートします。
同乗走行を希望される方には『ご自身の走行枠外の時間』にオーナーを助手席に乗せて講師が参加車両をドライブします。自分の走行時間は無駄にはなりません。

※今回は午後のみ貸切のため、走行は4回または2回となり、サービスで不定期で行なっていたコース歩行、パレードランは行わない予定です。予めご了承ください。
 
201922503348.jpg
 
 
20196166410.jpgのサムネイル画像



同乗走行、ドライビングアドバイスを行う講師
20197284428.jpg
20189141530.jpg

ドライビングアドバイザー
レーシングドライバー 出来利弘(デキトシヒロ)

1989年 レーシングカート 参戦
1990年 レーシングカート関東地方選手権   参戦
1991年 レーシングカート関東地方選手権 優勝
1992年 FJ-1600  MINEシリーズ 参戦
1993年 FJ-1600  筑波シリーズ 参戦

1995年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 
1996年 全日本F3選手権Jクラスチャンピオン
2008年 RX-8マスターズシリーズチャンピオン
2009年 全米 STAR MAZDA プロシリーズ 13レース参戦
               BBSハードチャージャーアワード受賞。
    
マスターズクラス2位
2018年    ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本
                                                         最終戦 
筑波サーキットコース2000で予選ポールポジションから優勝
2019年 
ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 第2戦 優勝、現在シリーズポイントリーダー

1999年から全国を周り、座学によるドライビングスクール、同乗走行ドライバー講師をはじめ、19年間の経験。2000年からドライビングテクニックスクール『ディーテクニック』を立ち上げ、筑波サーキット走行会、ジムカーナ場での練習会を開始し、現在に至る。2011年から2016年までマツダロードスター・パーティレース、マツダファン・エンデュランス(マツ耐)、マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)、マツダ・ドライビングアカデミーで『ドライビングアドバイザー』を担当し、ドライビングアドバイス、同乗走行を行った。

20197284531.jpg
201938214513.jpgのサムネイル画像


レーシングドライバー 山西 康司(ヤマニシ コウジ)

1992年 13歳でレーシングカートにデビュー。TKFストッククラスチャンピオン
1993年 SUZUKA選手権シリーズFAクラス チャンピオン
1994年 SUZUKAワールドカップ 『A・セナメモリアルカップ』受賞
      世界選手権in アルゼンチン 2位(日本カート史上初表彰台)
      SUZUKA選手権シリーズFSAクラス チャンピオン
1995年 SRS-F(鈴鹿レーシングスクールフォーミュラ)  第1期生首席卒業
1996年  全日本F3シリーズ(PIAA中嶋レーシング) 史上最年少優勝(3回)
               ルーキーオブザイヤー受賞
1997年  フォーミュラ・ニッポン(PIAA中嶋レーシング) 史上最年少デビュー
1998年  フォーミュラ・ニッポン(PIAA中嶋レーシング) 
     JGTC GT500 HONDA NSX (中嶋レーシング) NSX初優勝、
                                                                         オールスター戦優勝
1999年  フォーミュラ・ニッポン(チームルマン)
2000年 フォーミュラ・ニッポン(チームNOVA)
2001年 フォーミュラ・ニッポン(チームルマン)
2002年FD (フォーミュラドリーム) ペースセッター・ドライバー
          JGTC GT500 HKS MercedesCLK
2003年 全日本F3シリーズ スポット参戦(ローラ/チーム童夢) 優勝
          JGTC GT500 (JLOC Lamborghini Diablo JGT-1) 
          鈴鹿1000km (JLOC Lamborghini Diablo JGT-1)
2004年 フォーミュラ・ニッポン(CARROZZERIA Team MOHN)
     JGTC GT500 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1)
2005年 SUPER GT GT500 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1) 
     ルマン耐久選手権  イタリアMONZA
2006年 SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1) 
全日本スポーツカー耐久選手権(JLOC Lamborghini MURCIELAGO RGT) 
    第3戦岡山優勝(ポール・トゥウィン) 
  フランスLE MANS 24時間耐久レース (ルマン サルテサーキット)出場
              (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RGT) ルマン耐久選手権 
          イタリアMONZA
2007年SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1) 
フランスLE MANS 24時間耐久レース (ルマン サルテサーキット)出場
スタートドライバー(JLOC Lamborghini MURCIELAGO RGT)
2008年SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1)
2009年SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1) 
アジアン・ル・マン・シリーズGT-1クラス(岡山)出場
(JLOC Lamborghini MURCIELAGO RG-1)
2010年SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini GALLARDO RG-3) 
フランスLE MANS 24時間耐久レース(ルマン サルテサーキット)出場
(JLOC Lamborghini MURCIELAGO RSV-LM)
2011年CJ HELLOTVSION SUPERRACE 第7戦
    ※F1韓国グランプリサポートレース(スポット参戦)
2012-2015年
SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini GALLARDO LP600)
2017年 SUPER GT GT300 (JLOC Lamborghini HURACAN GT3)
2018年SUPER GT GT300 (arto-Panther Team Thailand LEXUS RCF GT3)
   SUPER 耐久ST-5 チーム221 NDロードスターでシリーズチャンピオン
2019年SUPER 耐久ST-5 LOVEDRIVE#78 NDロードスターで参戦中


201961673840.jpgのサムネイル画像
 
 
前回のレポートはこちら>>>
https://www.d-technique.co.jp/magazine/2019/06/542019-in-1000.php
 
 
みなさんの参加をお待ちしております。
 
ディーテクニック
ドライビングアドバイザー 出来利弘
E-mail: info@d-technique.co.jp
 

7月7日(日)箱根セブンデイ 〜RX-7ミーティング〜 2019 in 箱根レポート

 

201971003040.jpg
7月7日(日)箱根セブンデイ  〜RX-7ミーティング〜 2019 をアネスト岩田ターンパイク箱根で開催しました。

初代RX-7(SA22C、中央)、2代目RX-7(FC3S、左)、3代目RX-7(FD3S、右)
歴代RX-7が勢ぞろいしました。

 

 

201978222155.jpgのサムネイル画像

201978212433.jpg

201971001716.jpg

201971001736.jpg

 

201971003725.jpg

201971003844.jpg

午後には芦ノ湖も観えて、かなり晴れてきました

 

 

201971002248.jpg

2代目サバンナRX-7カブリオレ(FC3C)、RX-7(FC3S)

 

 

 

今回のゲストは3名

 

201978213221.jpg

RX-7(FC3S、FC3C、FD3S)開発主査:小早川 隆治 氏(現モータージャーナリスト)
ポールフレールさんのお話、ロータリーの歴史のお話、SAとFC、FDそれぞれの開発当時のお話など様々なことを聞かせていただきました。

 

201978213427.jpg

RX-7 (FC3S、FC3C)実研部リーダー:立花 啓毅 氏(現モータージャーナリスト)
立花さんからはそれぞれのRX-7のクルマに関してシャシーセッティングのこと、だんだんと大人の落ち着きあるクルマに成長していった話を聞かせていただきました。

 

201978214354.jpg

RX-7(SA22C、FC3S、FC3C)デザイナー:小野 隆 氏(現 TAAK  DESIGN)
デザインの見方に対するお話、今のマツダ、未来のクルマに関するお話。女性がどうしてRX-7が好きなのか?についての話題などRX-7を前に大変楽しいお話をしていただきました。

 

 

201971321212.jpg

 

 

20197132516.jpg

SA22C(6台)、FC3S(19台)、FC3C(2台)、FD3S (11台)の合計38台。参加者 50名のみなさんがアネスト岩田ターンパイク箱根に集まり、ファン同士の交流を中心にミーティングを行いました。

 

201978222410.jpgのサムネイル画像

 

201979125.jpg

201978222324.jpgのサムネイル画像

参加者のみなさんは岐阜県、長野県、兵庫県など遠方からや関東圏からもたくさんの歴代RX-7オーナーが駆けつけてくださいました。

201978224335.jpgのサムネイル画像

 

201978224357.jpgのサムネイル画像

201978224853.jpgのサムネイル画像

 

 

201978223712.jpgのサムネイル画像

朝一番に記念撮影しました

 

 

 

201971004858.jpg

午前中は雨が降ってきたので屋内のラウンジ2Fのカフェでファン同士で交流、ゲストとファン同士も交流し、小早川隆治さんからのRX-7、特にSAとFCのお話、ロータリーの歴史などをお話しいただき、

201971005941.jpg

立花さんからはそれぞれのRX-7のクルマに関してシャシーセッティングのことをお話しいただき、

 

20197100551.jpg

参加者のみなさんとゲストが語り合うなど、みなさんと一緒に楽しい時間を過ごしました。

 

20197132415.jpg

 

 

 

 

2019713269.jpg

 

20197132118.jpg

 

201971004955.jpg

20197132828.jpg

 

RX-7、それは常にスポーツカーとして未来を見つめ、今できる全てを注ぎ込み生まれ、常に進化してきたクルマでした。
今回、オーナーのみなさん、そしてゲストのみなさんとお話して、あらためてそう感じました。会場での話は開発当時を振り返り、歴史に学ぶ話題なのですが、じゃあこれからのクルマはどうあるべきか。あるいはそれぞれのRX-7をどう進化させるべきか。そう言ったことに話題が及ぶ。あるいは今、何に興味を持ち、どう生きているか、お互いに興味を持ち、意見を交換する。
みなさん、自然とそうされていますが、そのクルマへの愛情とエネルギーはとても熱く、本当に凄いことだと思います。
そしてゲストのみなさんも歳を重ねても今も現役!みなさん、今のクルマ、未来のクルマに興味津々であり、小早川さん、立花さんはジャーナリストとして、小野さんは現役デザイナーとしてご活躍されています。
 
世界唯一のロータリーエンジンを搭載した究極のスポーツカーは魂を込めたものづくりのメッセージがあり、オーナーはクルマと接する中で意識することなくとも何かそれを感じ取り、愛着を持つからこそ、所有し続けるのでしょう。

201978223448.jpgのサムネイル画像

最後にもう一度、記念撮影

天候が不安定な中、たくさんのRX-7オーナーのみなさんに参加いただき、感激でした。
本当にありがとうございました。

ゲストのみなさん、ターンパイク箱根のみなさん、運営、撮影などご協力いただいみなさん、ありがとうございました。
取材いただいた芸文社さんからは雑誌、MZRacingさんからはイベントレポートが掲載される予定です。

みなさんからの意見を聞きながら、またの機会も作っていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

写真協力:

金田裕士

市川卓也

 

取材協力:

芸文社(ノスタルジックヒーロー、ハチマルヒーロー、マツダファンブック)

MZRacing

 

 

みなさん、レポート書かれましたら、是非お知らせください。こちらにリンクして、ゲストの小早川さん、立花さん、小野さん、参加者のみなさん、そしてRX-7ファン、歴代ロータリーファンのみなさんと共有したいと思いますのでよろしくお願いいたします。
(ご注意)当日のゲスト講演内容や雑談はこの『少人数ミーティング参加者だけの特権』です。今回参加できず、次回の参加を楽しみにしている方たちやゲストの立場に立った配慮で詳細すぎない掲載をお願いいたします。また動画のWeb掲載はご遠慮ください。
こちらに掲載されています集合写真はご自由にお使いください(Web掲載のため、顔がよくわからないくらいに画質を落としています)。
 
<参加者のみなさんのレポート見つけられたものを集めました>
  facebookはお友達になっていないと見れない場合があります
 
 

トミゴン  SA22C / サバンナRX-7 GT-X 後期  赤(埼玉県)
日和山 拓真 SA22C / サバンナRX-7 GT 前期  白(埼玉県)
 
赤レン FC3S / サバンナRX-7 GT-Rウイニングリミテッド 後期  緑(神奈川県)
石川 治     FC3S /  サバンナRX-7 GT-X  後期 グレー(栃木県)
市川 卓也  FC3S /  サバンナRX-7 GTリミテッド  前期 銀(東京都)
大久保 輝幸    FC3C /  サバンナRX-7 カブリオレ  赤(茨城県)
桜井 敦 FC3S / サバンナRX-7 GT-Rウイニングリミテッド 後期  紺(神奈川県)
田中 貴  FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  青(群馬県)
tosihifc  FC3S /  サバンナRX-7 GT-R  前期 白(埼玉県)
にゃんこせぶん  FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  紫(東京都)
hiro 前期FC  FC3S /  サバンナRX-7 GT-R  前期 白(埼玉県) d
ramsuko

小森 聖治  FD3S / RX-7 Type R  6型   赤(東京都)
佐伯 亜希英 FD3S / RX-7 Type R  2型   青(東京都)
dramusuko   dFD3S / RX-7 RB  5型   青(埼玉県)rams
中川 英文 FD3S / RX-7 タイプRバサースト  5型  青(神奈川県)

濱口 康志   SE3P / RX-8 Type RS 後期  赤(茨城県)

 

RX-7 Meeting 事務局
ディーテクニック
出来利弘