ホーム>WEB MAGAZINE>ALL

WEB MAGAZINE

ALL

2021年のサーキット走行会とミーティングイベントのご案内

2021年  ディーテクニック主催または参加予定イベント

 

    

5月3日(月・祝)ディーテクニック初心者向け基礎練習会&スクール2021 in 筑波サーキットジムカーナ場   

 

5月4日(火・祝)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2021 in 筑波サーキットコース1000  
 

6月12日(土)『自分のクルマと対話して、運転が上手くなる走行会 』2021 in 筑波サーキットジムカーナ場

 

6月  NA / NBロードスター保存会ミーティング2021 in 箱根(検討中)

 

7月4日(日)箱根セブンデイ2021 in 箱根(検討中)

 
8月       NCロードスターミーティング(検討中) 
 
 
9月19日(日)『自分のクルマと対話して、運転が上手くなる走行会 』2021 in 筑波サーキットジムカーナ場 (6月下旬受付開始予定)
 
9月26日(日)M2ミーティング2021 in 女神湖
 

10月17日(日) 歴代マツダ車ミーティング2021 in 女神湖

 

11月  FD3S RX-7 30周年ミーティング 2021 in 箱根(検討中)

 

12月4日(土)ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習会&スクール2021 in 筑波サーキットジムカーナ場 
 

12月12日(日)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2021 in 筑波サーキットコース1000   

新作の ディーテクニック車高調サスキット (NA/NB用)を発売

新作の ディーテクニック車高調サスキット (NA/NB用)を発売し、SHOPPINGに掲載しました。
https://www.d-technique.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=85

⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️を箱根と一般道でテスト

202131285333.jpg

話題の⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️195/50R15 を早速、TD-1001R(NB6C)に装着し、一般道から箱根でテストしてきたのでインプレッションを書いた。

⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️はR31スカイラインショップとして有名なR31HOUSEの柴田自動車が中国のタイヤメーカーRYDANZ(レイダン)とのコラボレーションで製作したオリジナルラジアル(一般道走行用)タイヤだ。「安くて高性能で見た目も格好いいタイヤを供給して、走るのが大好きな人たちの役に立ちたい」という想いに共感し、ディーテクニックのオンラインショップ『SHOPPINGビル』でも取り扱いを開始したところ、想像を遥かに超えた反響と販売数を記録し、大ブレイク中のタイヤだ。値段の安さも重要だが、ドリフトでしっかりテストを繰り返したタイヤなのでコントロール性の良さ、安全性については十分なものがあるだろうということ、最新のタイヤはNA/NBロードスターにとってはオーバーグリップでマッチングが今ひとつであったことなどから、「これはロードスターにジャストフィットするタイヤなのではないか」とピンと来たからだ。しかもコンパウンドは180(ハイグリップ)、240(スポーツ)、360(コンフォート)の3種類から選択できるというユニークな商品ラインナップとなっている。Sタイヤではなく、一般ラジアルでこういった選択ができるのはありがたいし、自分のクルマのパワーや足回り、走るステージに合わせてチョイスできる楽しみがある。タイヤが安いので失敗してもすぐに他を試せる。これは実に面白く、「自分だけのマシン」作りにワクワクする。

202131293658.jpg

今回のテストで使用したのは195/50R15サイズ、180コンパウンド(ハイグリップ)。使用したホイールはRAYS製ボルクレーシングCE28N 7J×15インセット+28、サスペンションは3月26日発売予定のディーテクニックオリジナル車高調サスキット(ENDLESS FUNCTION をベースにPCRでチューニングし、1台ごとに合わせてオーダーメイドでセッティングするもの。こちらの詳細はまた後日にレポートする)。

まずタイヤを組んでわかることはタイヤが軽量でサイドウォール部が柔らかめだということ。重量は同サイズのダンロップディレッツァZⅢとほぼ同等だった。サイドの感触はちょうど10年以上前の国産ハイグリップタイヤを彷彿とさせるもので案の定、空気圧は高めに入れてちょうどロードスターとマッチングする感じだった。

2021312102053.jpg

近年のハイグリップタイヤはタイヤの剛性が高いのは良いのだが車両重量がもっとあるクルマに合わせて設計されているためか、ロードスターやヴィッツなど軽量なクルマで一般道やサーキットで走ろうとすると異常に低めの空気圧に設定しないとサイド部が動いてくれず、接地面積も少なくなってしまうため、その性能が上手く発揮できなかった。そこに登場したシバタイヤは昔ながらの空気圧設定でベストとなりそうなので、TD-1001Rはもちろん、ロードスターなどのライトウェイトスポーツカーとのマッチングが良さそうだ。具体的には2.1〜2.3kgf/㎠前後でとても乗り心地がよく、ワインディングでも乗りやすかった

タイヤのキャラクターとしては切り始めからシャープに応答して、軽快感があるが、2.3kgf/㎠で高速直進安定性はしっかりとしており、シビアすぎると感じることはなかった。パターンノイズはやや大きめだが、許容範囲だ。長時間の高速道路走行でも国産ハイグリップタイヤと比較しても違和感なく、むしろ乗り心地はあたりが柔らかで快適に感じられた。180コンパウンドはブレーキ性能、ウェット性能ともに問題ないどころかとても安心感があり、オールマイティに使えそうだ。

ワインディングに入ってくると楽しさで思わず笑みが溢れてしまった。「人馬一体で意のままに走れる感覚がとにかく楽しい!」少なくとも『ロードスターで運転の練習用』として今、現在最適なタイヤとしてお勧めできる。ブレーキングからターンインでは素直に回頭するが荷重移動の量を変えるとそれによって上手くいったり、いかなかったりした際に違いがはっきりと出て、ドライバーに正しいドライビングを要求すること。それはしっかりとしたグリップの中で安全に楽しめる。ややオーバースピード気味にコーナーに入ればアンダーステア気味になり、そこからステアリングを切り足せばフロントタイヤがきちんと潰れ、ブレーキを緩めるとしっかり内側に向きが変わる。リヤタイヤも適正なアクセルワークで立ち上がれば綺麗に走り、開け過ぎればタイヤが倒れ込み、テールスライドが始まる。ドリフトで鍛えられたタイヤだけあって唐突ではなく、ジワジワとタイヤがスライドするのでコントロールが実にしやすい。ギャップのある路面で跳ねるような場面でもしなやかに凹凸を吸収するし、アクセルOFFでのタックインもハッキリと出る。S字で右左右と連続して切り返していくような場面でもステアリングに対する応答は適度にシャープで切れ味鋭い。舵角が大きくなりマッタリしたような動きにはならないし、最近のハイグリップタイヤのように構造が硬すぎて、トレッドゴムだけで走って磨耗が早そうなフィーリングもなかった。

 

2021312102012.jpg

この日、一緒に持ち込んだマツダロードスター1800RS(NB8C)も同じディーテクニック車高調を装着しており、タイヤは205/45R16のダンロップディレッツァZⅢを装着していたが交互に乗り換えても一長一短あるものの、グリップ感や安定感は酷似しており、違和感がほとんどなかった。

 

『第一印象として、シバタイヤとNA/NBロードスターとのマッチングはかなり良さそうだ。』
軽快感、シャープさ、挙動変化の確かさといった点ではとても分かりやすいので練習にも最適。しかも価格が安い

まだまだ未完成な部分もあるが、そこが魅力とも言えるシバタイヤ。タイヤの進化も大事だが、それ以上に大切な『ドライバーの進化』のためにこのままの性能で、このままの価格で出来るだけ長く作り続けて欲しいタイヤだ。

 

 

<サイズ、コンパウンドの追加>

1970年代、80年代を中心とする旧車用タイヤサイズが次々と各タイヤメーカーのラインナップから落ちて、絶版となっている現状から、それらのサイズを設定し始めたシバタイヤだが、ロードスターとのマッチングの良さからTD-1001Rにも採用している205/45R16サイズの追加をお願いした。NDロードスターNR-Aなどで楽しむ195/50R16サイズの追加が決定している。これらは新たに金型を起こし、2021年夏頃に発売予定だ。

現状は185/60R14195/50R15がロードスターに適合する。

またコンパウンドについて追加があり、180、240、280、380、440と5種類になった。今回テストした180も良いが、240と380、その中間となる280あたりもロードスターとのマッチングがどうなのか、気になるところだ。

今後もサーキット、その他でサイズ、コンパウンドの違いなどテストし、感じたことをレポートしていきたい。

2021312102133.jpg

 

『⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️』にラインナップされているNA/NBロードスター用は『ディーテクニックSHOPPINGビル』で販売中。

 

⚡️SHIBATIRE⚡️ 195/50R15 をSHOPPINGページに追加しました

https://www.d-technique.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=82

 

5月4日(祝)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2021 in 筑波サーキット1000の参加受付を開始


202122755529.jpg

5月4日(祝)ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 2021 in 筑波サーキット1000の参加受付を開始しました。

『ディーテクニック走行会でベスト更新』 

筑波サーキットコース1000での走行会はみなさんと一緒にドラテク向上を目指し、モータースポーツの楽しさを体感していただくためのイベントです。クルマ好きのみなさんと過ごすミーティングとしても楽しんでいただけるようにとスタッフ一同、準備を進めてまいります。
 
5月3日(祝)、4日(祝)ディーテクニック筑波ドラテク特訓&走行会2021 in 筑波サーキット2DAYS(どちらか1日での参加もOK)として開催いたします。前日の筑波サーキットジムカーナ場での基礎練習にも是非、参加してみてください。
 
※自分のクルマで楽しむイベントで、屋内で集合しての座学や接近しての集合写真は撮りません。
 希望者にはご自身の走行枠で講師がデモカーで先導走行してラインとタイミングを教える『ひっぱり走行』を行う予定です。
 『同乗走行は希望者だけの限定」とさせていただき、換気しながら走行しますので安心、安全にスキルアップとストレス解消ができます。
 
お問い合わせ、申込み方法はこちらのメールアドレス
info@d-technique.co.jp
にお名前、お電話番号と参加車種、『5月4日 筑波サーキットコース1000参加希望』とメ―ルいただければ、
走行会の申込用紙など詳細情報を返信します。
また電話での受付も行なっておりますので、ディーテクニック TEL 045-590-5121 まで
ご連絡いただければ、FAXや郵送などでのお申込みも可能です。
 
202122755724.jpg
202122755647.jpg
 
20203343953.jpg

開催日:5月4日(祝日、火曜)
開催場所:筑波サーキットコース1000
講師:
ドライビングアドバイザー 出来利弘
 
ゲスト講師:
レーシングドライバー 渡辺圭介          

 
集合受付時間:7時30分〜8時
座学・歩行:8時〜9時15分(サーキット攻略法)
走行時間:9時30分〜16時(10分×5回走行 または 10分×3回走行)
受付期間:2月27日〜  (まだ参加枠に空きがあるため、お問い合わせください。)
参加費用:27,000円(10分×5回走行、タイム計測、保険料を含む)または
       19,000円(10分×3回走行、タイム計測、保険料を含む)

 

20182124433.jpgのサムネイル画像
 
 
車種は問いません。
サーキットデビューの方にも走り易いように細心の注意を払って少人数クラス分けを行なっておりますので、
安心してご参加いただけます。
同乗走行を希望される方には『ご自身の走行枠外の時間』にオーナーを助手席に乗せて、講師が参加車両をドライブします。
 
 
201922503348.jpg
 
 
201922503430.jpg
 
 
同乗走行、ドライビングアドバイスを行う講師
20189141530.jpg

ドライビングアドバイザー
レーシングドライバー 出来利弘(デキトシヒロ)

1989年 レーシングカート 参戦
1990年 レーシングカート関東地方選手権   参戦
1991年 レーシングカート関東地方選手権 優勝
1992年 FJ-1600  MINEシリーズ 参戦
1993年 FJ-1600  筑波シリーズ 参戦

1995年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 
1996年 全日本F3選手権Jクラスチャンピオン
2008年 RX-8マスターズシリーズチャンピオン
2009年 全米 STAR MAZDA プロシリーズ 13レース参戦
               BBSハードチャージャーアワード受賞
    
マスターズクラス2位
2018年ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 最終戦筑波サーキットコース2000で予選ポールポジションから優勝
2019年 ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 第2戦 優勝、筑波全戦表彰台。年間シリーズランキング2位
2020年 
ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 年間シリーズランキング5位

1999年から全国を周り、座学によるドライビングスクール、同乗走行ドライバー講師をはじめ、19年間の経験。2000年からドライビングテクニックスクール『ディーテクニック』を立ち上げ、筑波サーキット走行会、ジムカーナ場での練習会を開始し、現在に至る。2011年から2016年までマツダロードスター・パーティレース、マツダファン・エンデュランス(マツ耐)、マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)、マツダ・ドライビングアカデミーで『ドライビングアドバイザー』を担当し、ドライビングアドバイス、同乗走行を行った。

 

 


2018914117.jpg

レーシングドライバー 渡辺圭介(ワタナベケイスケ)

2006年   ネッツカップヴィッツレースで4輪レースデビュー
2009年   ヴィッツレースグランドファイナル4位
2011年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン
2012年   ヴィッツレース北海道シリーズチャンピオン
2013年   もてぎ1.5チャレンジスポット参戦(優勝)
2016年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン
2017年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン(連覇)、AUDI A1 FUN CUPチャンピオン
 
2017年ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクールから講師として参加。
 
 
 
20203344249.jpgのサムネイル画像
20203344344.jpg

 

20203344429.jpg
2020334451.jpg

 

 
20203344053.jpg



ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクール 』の詳細はこちら>>> http://www.d-technique.co.jp/contents/2017/06/post-10.php

以前のレポートはこちら>>>http://www.d-technique.co.jp/magazine/2018/12/1222018-in-1000.php

 
そのほか、一般道で運転が上手くなりたい人向けの走行会は、より参加しやすい
6月12日(土)「自分のクルマと対話して運転が上手くなる走行会2021」 in 筑波サーキットジムカーナ場
の開催を予定しております。
 
ディーテクニック
ドライビングアドバイザー 出来利弘
E-mail: info@d-technique.co.jp
 

5月3日(祝)ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール走行会 2021 in 筑波サーキットジムカーナ場の参加受付を開始


20212275263.jpg
5月3日(祝)ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール走行会 2021 in 筑波サーキットジムカーナ場の参加受付を開始しました
 
5月3日(祝)、4日(祝)ディーテクニック筑波ドラテク特訓&走行会 2021 in 筑波サーキット2DAYSを開催いたします。

 
まず1日目は
5月3日(祝)ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール 2021 in 筑波サーキットジムカーナ場
 
「もっとドラテクの基礎をきっちりと見直ししたい」という走行会参加者のみなさんのご要望にお応えして
筑波サーキットジムカーナ場を使用しての特訓を
ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール』として開催します。
サーキット走行でのタイムアップ、街中での安全なドライビングの基礎となるブレーキング、ステアリング、アクセルの操作を反復練習、
午後は長めのコースを設定して特訓します。
モータースポーツを満喫していただく一方、クルマ好きのみなさんと過ごすミーティングとしても
楽しんでいただけるようにとスタッフ一同、準備を進めておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
※自分のクルマで楽しむイベントです。ソーシャルディスタンス確保のため、屋内で集合しての座学や接近しての集合写真は撮りません。
 「同乗走行は希望者だけの限定」とさせていただきますので、安心、安全にスキルアップとストレス解消ができます。
 
お問い合わせ、申込み方法はこちらかまたはメールアドレス 
E-mail: info@d-technique.co.jp
にお名前、お電話番号と参加車種、『5月3日(祝)初心者向けドラテク基礎練習&スクール参加希望』とメ―ルしてください。
走行会の申込用紙など詳細情報を返信します。
必ず24時間以内対応しておりますので、返信ない場合はメールが確認できていない場合がございます。
その際は電話で確認をお願いします。また電話での受付も行なっておりますので、ディーテクニック TEL 045-590-5121 まで
ご連絡いただければ、FAXや郵送などでのお申込の対応も可能です。
 
202122752630.jpg

開催日:2021年5月3日(祝日・月曜)
開催場所:筑波サーキットジムカーナ場
講師:
ドライビングアドバイザー 出来利弘(デキトシヒロ)
 
ゲスト講師:
レーシングドライバー 渡辺圭介
 
 
開場: 6時30分以降
集合受付時間:7時〜7時30分
座学:7時30分〜8時(座学によるドライビング講座)
基礎練習走行(サイドターン、スラローム、ブレーキング、ソックスターン)
:8時過ぎ〜12時(グループ分けで走行)
お昼休み:12〜13時
基礎練習コース走行:13時〜14時
応用コース走行:14時〜16時(タイム計測)
募集台数:30台
受付期間:2月27日〜(まだ参加枠に空きがあるため、お問い合わせください。)
 
参加申込用紙をいただき、参加費のお振込をいただいた時点で正式に参加受付終了となります。
   
参加費用:17,800円(1日、午前の基礎練習と午後のコースタイム計測を含む)、昼のお弁当は別途:1,000円(1名)
     11,000円(午後コース走行のみ)
     
      
20203345352.jpg
20203345430.jpg

 

20203345452.jpg
20203345517.jpg

 

20203345728.jpg
20203345759.jpg

 

202122752728.jpg
 
 
 
車種は問いません。お一人で参加される方も楽しんでいただけるようにプログラムを組んでいます。
ジムカーナ場でのイベントですので他車との接触の心配などなく、安心してモータースポーツに集中することが出来ます。
安全にスポーツ走行を楽しむためのテクニックを身に付けたい方、自分のクルマの挙動を体感したい方、
クルマの動きをしっかりと理解したい方、サーキットデビューを考えられている方などに適したイベントです。
走り易いように細心の注意を払ったコースレイアウトとクラス分けを行なっておりますので、安心して参加いただけます。
201512322824.jpgのサムネイル画像
講師の同乗走行を希望される方には自分の走行枠外でも行います。
また時間内に参加者同士の同乗走行も可能です。
 
同乗走行、ドライビングアドバイスを行う講師

20189141530.jpg

ドライビングアドバイザー
レーシングドライバー 出来利弘(デキトシヒロ)

1989年 レーシングカート 参戦
1990年 レーシングカート関東地方選手権   参戦
1991年 レーシングカート関東地方選手権 優勝
1992年 FJ-1600  MINEシリーズ 参戦
1993年 FJ-1600  筑波シリーズ 参戦

1995年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 
1996年 全日本F3選手権Jクラスチャンピオン
2008年 RX-8マスターズシリーズチャンピオン
2009年 全米 STAR MAZDA プロシリーズ 13レース参戦
               BBSハードチャージャーアワード受賞
    
マスターズクラス2位

2018年 ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 最終戦筑波サーキットコース2000で予選ポールポジションから優勝
2019年 ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 第2戦 優勝、筑波全戦表彰台。年間シリーズランキング2位
2020年 ロードスターパーティレースⅢ NDシリーズ東日本 年間シリーズランキング5位

1999年から全国を周り、座学によるドライビングスクール、同乗走行ドライバー講師をはじめ、19年間の経験。2000年からドライビングテクニックスクール『ディーテクニック』を立ち上げ、筑波サーキット走行会、ジムカーナ場での練習会を開始し、現在に至る。2011年から2016年までマツダロードスター・パーティレース、マツダファン・エンデュランス(マツ耐)、マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)、マツダ・ドライビングアカデミーで『ドライビングアドバイザー』を担当し、ドライビングアドバイス、同乗走行などを行った。

 

2018914117.jpg

レーシングドライバー 渡辺圭介(ワタナベケイスケ)

2006年   ネッツカップヴィッツレースで4輪レースデビュー
2009年   ヴィッツレースグランドファイナル4位
2011年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン
2012年   ヴィッツレース北海道シリーズチャンピオン
2013年   もてぎ1.5チャレンジスポット参戦(優勝)
2016年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン
2017年   ヴィッツレース東北シリーズチャンピオン(連覇)、AUDI A1 FUN CUPチャンピオン
 
2017年ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクールから講師として参加。
 
 

202122752832.JPG


Photo:神村聖カメラマン(大きな写真)、出来のiPhone

ディーテクニック初心者向けドラテク基礎練習&スクール』の詳細はこちら
 
過去の開催のレポートはこちら >>>
http://www.d-technique.co.jp/magazine/2015/12/1129-2015-in.php
 
そのほか、一般道で運転が上手くなりたい人向けの走行会はより参加しやすい
6月12日(土)「自分の車と対話して運転が上手くなる走行会2021」 in 筑波サーキットジムカーナ場
の開催を予定しております。
 
ディーテクニック
ドライビングアドバイザー 出来利弘

⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️ 195/50R15 をSHOPPINGページに追加しました

柴田自動車がRYDANZ(レイダン)とのコラボレーションで製作したオリジナルラジアル(一般道走行用)タイヤ

『⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️』にラインナップされているNA/NBロードスターに最適な

 

⚡️SHIBATIRE⚡️ 195/50R15 をSHOPPINGページに追加しました

https://www.d-technique.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=82

 

 

⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️ 185/60R14 をSHOPPINGページに追加しました

柴田自動車がRYDANZ(レイダン)とのコラボレーションで製作したオリジナルラジアル(一般道走行用)タイヤ

『⚡️SHIBATIRE(シバタイヤ)⚡️』にラインナップされているNA/NBロードスターに最適な

⚡️SHIBATIRE⚡️ 185/60R14 をSHOPPINGページに追加しました

https://www.d-technique.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=81

 

 

 

中古品 オートエクゼ メンバーブレース、タワーブレースセット NB用 売約済み

202121232323.jpg

中古品 オートエクゼ メンバーブレース、タワーブレースセット マツダロードスターNB用 3万8500円(税込)売約済み

こちらの商品は売約済みとなりました。

 

 

中古車、中古ホイールやタイヤ、中古パーツなど売りたい方はお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら>>> 

ディーテクニック
info@d-technique.co.jp 

中古品 BILS(ビルズ)車高調サスキット NBロードスター用 販売中

20211261279.jpg

中古品 BILS(ビルズ)車高調サスキット NBロードスター用 7万7000円(税込)販売中

2016年にディーテクニックオリジナルで(新品定価28万6000円(税込))で製作した車高調サスキットです。

 

 

202112612756.jpg

リヤは別タンク式になっています。

202112613135.jpg

減衰力調整付きです。アッパーマウントは純正品のゴムアッパーです。

202112613238.jpg

見た目は綺麗です。ダンパーの劣化はございますので、サーキットで使用される方はオーバーホール(1万5000円/本(税別))をしてから装着がお勧めです。

更に詳細な説明や写真など情報が欲しい方はEメールでお問い合わせください。

送料は別途かかります。ご住所を教えていただけたら、お調べしてご連絡させていただきます。

 

 

中古車、中古ホイールやタイヤ、中古パーツなど売りたい方はお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら>>> 

ディーテクニック
info@d-technique.co.jp 

2021年、愛車とともに心穏やかな一年を



202111312731.jpg

新年 明けまして おめでとうございます

2021年が始まりました。

昨年の3大ニュース、

1. 『自分のクルマと対話して、運転が上手くなる走行会』、『ディーテクニック初心者向けドラテク特訓2DAYS』 の開催


2. 『NA/NB ROADSTER 保存会 Meeting』 と『RX-7 箱根セブンデイ Meeting』、『歴代マツダ車 Meeting』の開催

 

3. 『ディーテクニックWebビルディング(ホームページ)』の有効活用

 

昨年は初旬より始まったコロナウイルス感染拡大によって、ディーテクニックのクラブ活動的に楽しんできたミーティングや走行会の開催が次々と中止、延期を余儀なくされました。みなさんのご意見を伺いながら、そんな中でもなんとかいくつかを開催し、私たちが残していきたい自動車文化継承活動を行うことができました。

一方、早くからWeb中心へと移行して、6年目を迎えたこの『ディーテクニックWebビルディング(ホームページ)』はスマートフォン専用サイトも新設して連動させることで多くの方に見ていただき、実際にリアルで会わなくても気軽にEメールやメッセージで相談を受けたり、情報交換、意見交換をして企画を進めたりといった事がとても活発に行われました。2011年から方針転換でやっと思い描いていた形に近づき、おかげさまで認知度も上がったと実感した1年でこのまま、この形態を継続して活動していきたいと思っています。

そして今年も引き続き、若い人やこれからモータースポーツを始める方でも楽しく安全に走れる環境作りを目指していきます。
ソーシャルディスタンスを保ち、安全、安心な中でもクルマとのドライブ、仲間との交流を楽しめる機会を作っていけるよう、様々なアイデアでイベント企画していきたいと思います。刻一刻と変わる世の中の状況に合わせるため、「直前企画、いきなり開催」となるものが多く、また直前にやむを得ず中止する場合もございますので、どうか暖かく見守っていただけたら幸いです。

またNA、NBロードスターをエンジン、シャシー、内外装などレストア、リフレッシュするための企画を進めています。帰ってきたTD-1001R(NB6C)デモカーとNA6CE初期型モデルを使い現在テスト中のオリジナルTD車高調キットがまもなく完成予定。遮熱、遮音のためのループカーペットのキットや様々なリフレッシュパーツなど開発し、これから仕上げていく予定ですのでご興味のある方はお問い合わせください。

 

昨年クルマで感じたこと・・・コロナ禍において、改めてマイカー、自己所有のクルマによる移動が見直され、新車、中古車を購入する動きが一部で活性化したことはそれまで予想できなかった意外な展開でした。一方、新車では地球温暖化防止のため、更なる排気ガスの規制、そしてEV化への波がいよいよ押し寄せてくると感じた2020年でした。電気自動車でも楽しいクルマはできるのかもしれませんし、世界各国でこれだけEV化が叫ばれればその方向へ向かうのは間違いないでしょう。諸説ありますが、それでもゆっくり、一歩一歩、新車はEV化へと動いていきますが、中古車を含めた全てのクルマが変わるには技術とお金、そして時間がかかるでしょう。

大事なことはクルマの本質的な部分でいかに「モノとして『発信』しているかどうか?」ということが重要。

EV化の波がそこまで来ているとしても『鼓動』を感じられる内燃機関エンジンを楽しみ、『クルマとしての本質』、『人にとってクルマとは何なのか?』といったことを見つめ直していきたいものです。

私はクルマは『便利な道具』だけに成り下がってはいけないと思っています。モノは『作り手の想い』をあるいは『作り手の愛』を届けられるものであって欲しいの願っています。これからの時代、そういったモノでなければ残っていかないからです。大袈裟に言うなれば、『魂を込めて作ったモノ』でなければ残らない。そう望まなくとも大量生産、大量消費してゴミになってしまうし、ゴミは出してはならないのです。

明るい話題。20代のクルマ好きが私の周りで増え、旧車から新車まで興味を持って接して、様々な意見交換をしてくれました。『楽しいクルマ』が増えてほしいと願っていましたが、昨年はGRヤリスが発売になったり、ジムニーは発売から2年半経過した今も1年待ちの人気だったり、一方、EV元年とも言える中では、話題のホンダeが発売などもありました。まだまだ景気の良かった時代に企画された楽しいクルマが今年もデビューするでしょう。どんなクルマが出てくるのか?今からとても楽しみです。


2回目の緊急事態宣言によって、今は遊びに出かけたり、友人と会うことができません。しかし、楽しいこと、趣味に没頭していると時間なんてすぐに過ぎていくものです。愛車は私たちの心を癒し、時に刺激を与え、楽しませてくれる相棒です。どうかこの機会にご自身でメンテナンスをされたり、洗車をしたり、ご近所をちょっとドライブしたりして楽しく、心穏やかに過ごしてください。

またこうしてWebで記事を読んだり、EメールやSNSで交流することはできます。私も昨年9月以降に行ったイベントレポート、歴代の愛車インプレッション、ディーテクニックWebビルディングの充実など温存していたものに執筆時間を使い、みなさんに楽しんでいただけるよう、まずこの1月、2月を過ごしていきたいと思います。

そして暖かい春の日差しが指す頃には、サーキット走行会やミーティングなど、みなさんに楽しく安全にお会いできるよう願っています。その日まで、様々なアイデアを出し、工夫を凝らしてイベント企画をして参りたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                                      2021年1月1日   出来 利弘

20211131274.jpg

20211131285.jpg

                                           TD-1001R   

                                                                                                                                                  PHOTO:神村 聖