ホーム>WEB MAGAZINE>7F イベントレポート>7月7日(日)箱根セブンデイ 〜RX-7ミーティング〜 2019 in 箱根レポート
7F イベントレポート

7月7日(日)箱根セブンデイ 〜RX-7ミーティング〜 2019 in 箱根レポート

 

201971003040.jpg
7月7日(日)箱根セブンデイ  〜RX-7ミーティング〜 2019 をアネスト岩田ターンパイク箱根で開催しました。

初代RX-7(SA22C、中央)、2代目RX-7(FC3S、左)、3代目RX-7(FD3S、右)
歴代RX-7が勢ぞろいしました。

 

 

201978222155.jpgのサムネイル画像

201978212433.jpg

201971001716.jpg

201971001736.jpg

 

201971003725.jpg

201971003844.jpg

午後には芦ノ湖も観えて、かなり晴れてきました

 

 

201971002248.jpg

2代目サバンナRX-7カブリオレ(FC3C)、RX-7(FC3S)

 

 

 

今回のゲストは3名

 

201978213221.jpg

RX-7(FC3S、FC3C、FD3S)開発主査:小早川 隆治 氏(現モータージャーナリスト)
ポールフレールさんのお話、ロータリーの歴史のお話、SAとFC、FDそれぞれの開発当時のお話など様々なことを聞かせていただきました。

 

201978213427.jpg

RX-7 (FC3S、FC3C)実研部リーダー:立花 啓毅 氏(現モータージャーナリスト)
立花さんからはそれぞれのRX-7のクルマに関してシャシーセッティングのこと、だんだんと大人の落ち着きあるクルマに成長していった話を聞かせていただきました。

 

201978214354.jpg

RX-7(SA22C、FC3S、FC3C)デザイナー:小野 隆 氏(現 TAAK  DESIGN)
デザインの見方に対するお話、今のマツダ、未来のクルマに関するお話。女性がどうしてRX-7が好きなのか?についての話題などRX-7を前に大変楽しいお話をしていただきました。

 

 

201971321212.jpg

 

 

20197132516.jpg

SA22C(6台)、FC3S(19台)、FC3C(2台)、FD3S (11台)の合計38台。参加者 50名のみなさんがアネスト岩田ターンパイク箱根に集まり、ファン同士の交流を中心にミーティングを行いました。

 

201978222410.jpgのサムネイル画像

 

201979125.jpg

201978222324.jpgのサムネイル画像

参加者のみなさんは岐阜県、長野県、兵庫県など遠方からや関東圏からもたくさんの歴代RX-7オーナーが駆けつけてくださいました。

201978224335.jpgのサムネイル画像

 

201978224357.jpgのサムネイル画像

201978224853.jpgのサムネイル画像

 

 

201978223712.jpgのサムネイル画像

朝一番に記念撮影しました

 

 

 

201971004858.jpg

午前中は雨が降ってきたので屋内のラウンジ2Fのカフェでファン同士で交流、ゲストとファン同士も交流し、小早川隆治さんからのRX-7、特にSAとFCのお話、ロータリーの歴史などをお話しいただき、

201971005941.jpg

立花さんからはそれぞれのRX-7のクルマに関してシャシーセッティングのことをお話しいただき、

 

20197100551.jpg

参加者のみなさんとゲストが語り合うなど、みなさんと一緒に楽しい時間を過ごしました。

 

20197132415.jpg

 

 

 

 

2019713269.jpg

 

20197132118.jpg

 

201971004955.jpg

20197132828.jpg

 

RX-7、それは常にスポーツカーとして未来を見つめ、今できる全てを注ぎ込み生まれ、常に進化してきたクルマでした。
今回、オーナーのみなさん、そしてゲストのみなさんとお話して、あらためてそう感じました。会場での話は開発当時を振り返り、歴史に学ぶ話題なのですが、じゃあこれからのクルマはどうあるべきか。あるいはそれぞれのRX-7をどう進化させるべきか。そう言ったことに話題が及ぶ。あるいは今、何に興味を持ち、どう生きているか、お互いに興味を持ち、意見を交換する。
みなさん、自然とそうされていますが、そのクルマへの愛情とエネルギーはとても熱く、本当に凄いことだと思います。
そしてゲストのみなさんも歳を重ねても今も現役!みなさん、今のクルマ、未来のクルマに興味津々であり、小早川さん、立花さんはジャーナリストとして、小野さんは現役デザイナーとしてご活躍されています。
 
世界唯一のロータリーエンジンを搭載した究極のスポーツカーは魂を込めたものづくりのメッセージがあり、オーナーはクルマと接する中で意識することなくとも何かそれを感じ取り、愛着を持つからこそ、所有し続けるのでしょう。

201978223448.jpgのサムネイル画像

最後にもう一度、記念撮影

天候が不安定な中、たくさんのRX-7オーナーのみなさんに参加いただき、感激でした。
本当にありがとうございました。

ゲストのみなさん、ターンパイク箱根のみなさん、運営、撮影などご協力いただいみなさん、ありがとうございました。
取材いただいた芸文社さんからは雑誌、MZRacingさんからはイベントレポートが掲載される予定です。

みなさんからの意見を聞きながら、またの機会も作っていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

写真協力:

金田裕士

市川卓也

 

取材協力:

芸文社(ノスタルジックヒーロー、ハチマルヒーロー、マツダファンブック)

MZRacing

 

 

みなさん、レポート書かれましたら、是非お知らせください。こちらにリンクして、ゲストの小早川さん、立花さん、小野さん、参加者のみなさん、そしてRX-7ファン、歴代ロータリーファンのみなさんと共有したいと思いますのでよろしくお願いいたします。
(ご注意)当日のゲスト講演内容や雑談はこの『少人数ミーティング参加者だけの特権』です。今回参加できず、次回の参加を楽しみにしている方たちやゲストの立場に立った配慮で詳細すぎない掲載をお願いいたします。また動画のWeb掲載はご遠慮ください。
こちらに掲載されています集合写真はご自由にお使いください(Web掲載のため、顔がよくわからないくらいに画質を落としています)。
 
<参加者のみなさんのレポート見つけられたものを集めました>
  facebookはお友達になっていないと見れない場合があります
 
 

トミゴン  SA22C / サバンナRX-7 GT-X 後期  赤(埼玉県)
日和山 拓真 SA22C / サバンナRX-7 GT 前期  白(埼玉県)
 
赤レン FC3S / サバンナRX-7 GT-Rウイニングリミテッド 後期  緑(神奈川県)
石川 治     FC3S /  サバンナRX-7 GT-X  後期 グレー(栃木県)
市川 卓也  FC3S /  サバンナRX-7 GTリミテッド  前期 銀(東京都)
大久保 輝幸    FC3C /  サバンナRX-7 カブリオレ  赤(茨城県)
桜井 敦 FC3S / サバンナRX-7 GT-Rウイニングリミテッド 後期  紺(神奈川県)
田中 貴  FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  青(群馬県)
tosihifc  FC3S /  サバンナRX-7 GT-R  前期 白(埼玉県)
にゃんこせぶん  FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  紫(東京都)
hiro 前期FC  FC3S /  サバンナRX-7 GT-R  前期 白(埼玉県) d
ramsuko

小森 聖治  FD3S / RX-7 Type R  6型   赤(東京都)
佐伯 亜希英 FD3S / RX-7 Type R  2型   青(東京都)
dramusuko   dFD3S / RX-7 RB  5型   青(埼玉県)rams
中川 英文 FD3S / RX-7 タイプRバサースト  5型  青(神奈川県)

濱口 康志   SE3P / RX-8 Type RS 後期  赤(茨城県)

 

RX-7 Meeting 事務局
ディーテクニック
出来利弘

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.d-technique.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/180