ホーム>WEB MAGAZINE>B1 物語>2016年は『心を豊かに』
B1 物語

2016年は『心を豊かに』

201611174731.jpg

新年 あけまして おめでとうございます

2016年が始まりました。
昨年は水素燃料電池車や自動運転技術など未来のクルマが現実味を帯びてくる一方で
新型マツダロードスターやホンダS660などライトウェイトスポーツカーが話題となりました。
今年もどんな楽しいクルマが出てくるのか。今から楽しみでワクワクしています。

ディーテクニックは『原点回帰し、クルマの楽しみ方を伝えていく啓蒙活動に取り組む』と宣言して6年目です。
お蔭様で当初の目指したスタイルは、ほぼ完成という域に達してきました。
完成したら、立ち止まらず次のステップへと進まなくてはなりません。これをベースに今年は『変革の1年』として
新たなことにチャレンジして、また結果をご報告していきたいと思っています。

その一方、昨年まで掲げた3つの目標の熟成、発展も進めていきます。
『ディーテクニックWebビルディングの熟成』
『モータースポーツ底辺活動』
『モノ創り文化継承イベント』

1. ディーテクニックWebビルディングはみなさんに可愛いがっていただき、2年目を迎えることができました。
   今後も気になるクルマや情報を見つけたら、記事をアップして内容を充実させていきたいと思います

2. モータースポーツ底辺活動は昨年もディーテクニック初心者向けのサーキット走行会&スクールとして、
   サーキットやジムカーナ場を使ってのドラテク徹底特訓を開催いたしました。
   2016年は5月4日(祝)と11月27日(日)に筑波サーキットコース1000で開催を予定しており、   
   またドライビングアドバイザーとして今年も全国各地へと出かけます。

3. 『モノ創り文化継承』のイベントは昨年8月23日『NCEC Roadster 10th Anniversary Meeting』をマツダR&D横浜で開催し、
   2016年1月10日(日)には、『NB Roadster Meeting 〜NBも頑張ろう!〜』をマツダR&D横浜で行います。
   いずれも
ゲストに貴島孝雄氏を迎えて講演があります。
   まずはロードスターですが、今後は他車でも様々な文化活動を行っていく予定です。

これらの活動を通じて日本のクルマ文化として、何を残して行けば良いのかについて議論、研究していきたいと思います。
スピードや性能、効率だけではなく、『心を豊かにしてくれるクルマ』とは何なのか。私の興味はそこにあります。
それは必ずしも新車や高級なものでなくてもいいし、自分のクルマのカスタマイズの方向性なのかもしれません。

私自身もまた、みなさんの『心を豊かにする』、そんな企画や仕事をしていければと思っていますので
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

                                       2016年1月1日   出来 利弘
 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.d-technique.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/80