ホーム>WEB MAGAZINE>B1 物語>2015年、新年は『更なる熟成』
B1 物語

2015年、新年は『更なる熟成』

20151222332.jpg

新年 あけまして おめでとうございます

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。2015年がいよいよスタートしました。

今年は『更なる熟成』をテーマに頑張っていきたいと思います。

多くの方々のご支援、ご協力をいただきながら、私が目指して来た活動も形になりつつあります。微力ながらクルマを通じて『夢と感動』をお届けするため、今年もこの企画をさらに熟成して進めて参りたいと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ディーテクニックが『原点回帰』を目指し、活動を開始してから、5年になります。
2011年2012年2013年2014年に自分で書いた新年の挨拶を読み返すと4年経って、自分の目指したスタイルに近づいて来ていると実感しております。

私にとって昨年は特別なものでした。3年間、様々な分野での研究活動を行い、これまでの知識と経験を活かして『一歩前進』に向けて、3つの目標を立てましたが、お蔭様でほぼ思い描いた形になってきております。この方向性を変えることなく、今年は『更なる熟成』によってこの企画の真価を問う一年としたいと思います。


昨年の主な内容としては
『ディーテクニックWebビルディングの構築』
『ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクールの再開』
『TD-1001R誕生10周年を記念し、立花啓毅氏を迎えてのイベント開催』
などがありました。
 
1. 『ディーテクニックWebビルディングの構築』
Webビルディングと名付けたホームページを製作し軌道に乗せることが出来たことで、自分のスタイルを表現できるようになり、『クルマ文化を広める活動』として、より多くの方々と直接お会いする機会を作れました。そのひとつに『ToshiMTG in 箱根 』があり、全国各地での自動車文化研究活動があります。
ビジネスの面でもコピーライターとしての仕事をいただいたり、企業ホームページ製作における執筆活動の機会が増えました。今後もクルマの楽しさを解り易く体感、直感で伝えられる活動を企画していきたいと思います。
 
2. 『ディーテクニック初心者向けサーキット走行会&スクールの再開』
4年振りとなる初心者向けサーキット走行会は5月4日と11月29日に開催し、いずれも満員御礼となりました。また座学に加え、サーキットでのプライベートレッスンを充実させ、ビギナーのドラテク向上のお手伝いをさせていただきました。
その他、マツダドライビングアカデミー、マツダファンサーキットトライアル(MFCT)、マツダファンエンデュランス(マツ耐)のドライビングアドバイザーとして年間契約し、全国サーキットを周り、延べ200名以上の方とドライビングについて語り合い、モータースポーツの底辺を広げる活動を行いました。2015年も引き続きこれらの活動を続けて行く予定です。
 
3. 『TD-1001R誕生10周年を記念し、立花啓毅氏を迎えてのイベント開催』
ディーテクニックが販売した新車のNBロードスターをベースとしたコンプリートカー『TD-1001R』の発売から10周年を記念して、M2ミーティングに立花氏をゲストでお招きして、トークショーを行いました。M2ファン、クルマが大好きな仲間たちと一緒に意見を交換しあい、昔のクルマの開発の話、今とこれからの自動車文化について熱く語り合いました。
モノ創りを文化として、この日本に残していくために何が必要なのか。
今年はそのテーマをより深く研究していきたいと思っています。
 
私も更にクルマについて勉強しながら、みなさんに楽しんでいただけるよう、楽しい企画をお届けしていきたいと思っておりますので、今後共どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
                                       2015年1月1日   出来 利弘
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.d-technique.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/46