ホーム>WEB MAGAZINE>7F イベントレポート>7月7日(土)RX-7 40th Anniversary Meeting 2018 in 箱根レポート
7F イベントレポート

7月7日(土)RX-7 40th Anniversary Meeting 2018 in 箱根レポート

2018714113655.JPG
7月7日(土)RX-7 40th アニバーサリー ミーティング2018 in 箱根をアネスト岩田ターンパイク箱根、Fエリア駐車場で開催しました。

ゲストに

RX-7(FD3S)開発主査:小早川 隆治 氏(現モータージャーナリスト)

RX-7(SA22C、FC3S、FC3C)デザイナー:小野 隆 氏(現 TAAK  DESIGN)

を迎え、SA22C(3台)、FC3S(21台)、FC3C(4台)、FD3S (29台)の合計55台。参加者 77名のみなさんがアネスト岩田ターンパイク箱根に集まり、ファン同士の交流を中心にミーティングを行いました。

 

 

201871412544.jpg


記念撮影を行い、ファン同士で交流、ゲストによるサイン会を開催するなどしてゲストとファン同士も交流し、SA22Cを中心にRX-7とロータリーの歴史を語り合うなど、みなさんと一緒に楽しい時間を過ごしました。

2018714185112.jpg2018714185128.jpg2018714185149.jpg201871418526.jpg
 

2018714213546.jpg

 

2018714213748.jpg

2018714213814.jpg2018714214046.jpg
201871421426.jpg

201871421418.jpg

201871412317.jpg

岐阜県、長野県、愛知県など遠方からや関東圏からもたくさんの歴代RX-7オーナーが駆けつけてくださいました。

 

2018714113449.JPG

午前中には初代サバンナRX-7(SA22C)を囲んで、小早川隆治さんによる初代RX-7が果たした役割とロータリーの歴史について、またSA22Cをデザインされた小野隆さんによるデザイン解説とこだわりや当時のお話、カーデザイン全般に渡っての興味深いお話をお聞きすることができました。

 

 

2018714185252.jpg

小早川隆治さんからは1978年当時、アメリカにおいてロータリーがガソリンを食うということでイメージがドン底になっており、その状況は現代のロータリーのイメージよりも遥かにマイナスなものであったこと、そんなロータリー復活させるため、まさに社運をかけて開発されたのが初代RX-7であり、その斬新で未来的なデザインは全米で大ヒットを記録し、1ドル360円といった時代に約6000ドルで販売され、ロータリー復活を果たした『作品』であることはもちろん、マツダに対しても大変な収益をもたらした『大切な商品』であったことも教えていただいた。


そして、コスモスポーツから始まり、RX-7初代、2代目FCと積み重ねてきかたらこそ、3代目FD3Sがあるのだというお話。多くの素晴らしいスタッフのみなさんに恵まれて、当時のマツダのあった時代背景もあってFC3S、FD3Sが生まれたお話、目指すコンセプトはその走り、デザイン共に歴代RX-7は一貫して変わっていないことなどをお話くださいました。

 

20187141225.JPG

小野隆さんからはSA22Cを20代の若さでデザインされた当時の伝説的な物語を話していただきました。
若く、情熱に溢れた若き小野さんがその手で描いた線はまさに日本のスポーツカーとロータリー、マツダの将来を描くこととなった。比較的手の届く量産スポーツカーとしては日本初となるリトラクタブルヘッドライトを採用し、飛行機能キャノピーを彷彿とさせるリヤハッチを持つ特徴的な初代RX-7(SA22C)のデザイン。空気の壁を鋭いノーズで切り裂き、異次元のスピードの世界へとドライバーを連れていってくれそうなデザイン。40年の時を経た今でも息を飲むほど美しく、未来的で独自のオーラを放っている。

201871412343.jpg

この時代に前後重量配分50:50に拘り、低くコンパクトにまとめられたフォルムは信じられないことに2+2。2シーターは贅沢であるという理由から後席を持つためにルーフのシルエットに未だに僅かな妥協があったと悔しがる小野さん

2018714212115.jpg

2018714211932.jpg

2018714185552.jpg
1ピースにしたかったガラスハッチはFC3Sでその思いを実現させ、更に本格的なスポーツカーのとしてのRX-7に求められるもの、当時できるすべてを注ぎ込んんで開発したFC3Sに対しては拘りのブレーキキャリパーデザイン、インタークーラーのインテークダクトの形状やディテール処理への拘りを語っていただきました。FC3Cデザインを手がけることが小野さんにとってマツダでも最後の仕事となる。その後はマツダを退職され、レーシングデザインの世界へ。後に独立されてTAAK DESIGN として、現在も現役デザイナーとして活躍され、様々な企業へのデザインアドバイザーも務められたいます。

201871412188.jpg

小早川隆治さんとFD3S。このモデルは後期型であるが「貴島孝雄さんがしっかりと仕上げてくださって、後期モデルは素晴らしい乗り味になり、完成形となった」とおっしゃっていました。

 

 

2018714185735.jpg

201871418573.jpg

小野隆さんからはFD3Sデザイナーであり深い親交がある佐藤洋一さんとのお話。そしてFD3Sを初めて見た時に衝撃。FD3Sのデザインの素晴らしさ、それまで初代、2代目でやりたかったのに出来なかったことを全てやっていたというお話を聞かせていただき、40周年の記念日に箱根に集まったRX-7たちが同じコンセプトで完成形を目指し、ずっと磨き込まれてきたことを再確認することができました。

20187141918.jpg

 

 

2018714185917.jpg

小野さんはFD3Sのドアはオープニングラインが綺麗でまるで鳥が羽を広げているかのようです。こんな美しい車は他にないという。
(これについては2017年12月25日発売になったREVSPEED誌(2018年2月号)にて小野隆さんのFD3Sデザイン詳細解説インタビューが載っていますので、是非ご覧ください)。

201871419253.jpg

お昼の休憩を挟んで午後の部がスタート

201871419442.jpg

三樹書房から出版されている
小早川隆治さん監修のRXー7開発物語、
グランプリ出版のロータリー関係の本もつい先日再販された


 

201871419727.jpg

小早川隆治さんのご好意でサイン会となり

2018714191120.jpg

小野さんももちろん、サインいただきました

  

2018714191231.jpg

小野隆さんが自らデザイン、制作してくださったこの日のための「RX-7 40周年記念ステッカー」⭐️
ご希望の来場者すべての方に小野さんから手渡しでプレゼントしていただきました。
これは本当に感激です!!

 

201871421048.jpg

参加者のRX-7を1台ずつ見ながら、
オーナーと語り合う小早川さん

201871421229.jpg

小早川さんとオーナーの意見交換
穏やかな天気となって本当によかった

 

201871421454.jpg

ワキプリントピアさんには、SA、FC、FDの各
RX-7 40周年記念グッズを展示。郵便局Web
7月17日〜10月1日期間限定で購入できる

20187142149.jpgのサムネイル画像

こちらはRX-7等身大タペストリー
ちゃんとSA、FC、FDが用意されている
 

 

2018714214244.jpg
2018714214316.jpg

 

 2018714212115.jpg

初代 RX-7(SA22C)の助手席に乗り込むSAデザイナーの小野隆さん。
40年の時を経て、RX-7が生みの親を乗せて走る!!
 

 

201871316236.jpg

イベントに参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

1978年マツダサバンナRX-7として、SA22Cが発売されてから今年で40周年。イベントをなんとか開催できないかと検討を重ねておりましたがあるときそれは、RX-7の40周年でもあると気がつき、「SA22C誕生をRX-7オーナーみんなで祝おう!」という企画を立ち上げました。そしてこの日、RX-7を愛してやまないオーナー方々にたくさんの参加、ご協力いただき、イベントを無事開催することができました。

前日までは雨、その後は猛暑が続いた7月でした。この7月7日はどこかに神様がいるのではないか?と思うほど天気に恵まれました。
朝は濃い霧と雨の心配もありましたが、イベント開催時間には晴れ渡り、その後は真夏にも関わらず「曇り」というベストコンディションで気温16℃程度の中、涼しく快適な一日を過ごすことができました。また曇りによるディフューザー効果でRX-7のボディがより一層美しく艶めきのある写真となり、みなさん素敵な思い出の写真撮影もできたのではないでしょうか。

参加いただいいたみなさん、ゲストのみなさん、会場をご提供いただいた箱根ターンパイクのみなさん、入場お手伝いいただいたみなさん他、この場にいらしたみなさん、Webから応援いただいたみなさん、本当にありがとうございました。
また楽しいイベント、企画していきたいと思いますので、これからも宜しくお願いいたします。

追記:秋くらいに、RX-7 40th Anniversary Meeting Part.2 in 箱根を開催したいと企画をはじめました。
全国的に天候が不安定であったことで参加できなかったみなさん、また参加してくださったみなさんからもアンコール開催の要望を本当に多数いただきました。ゲストのお二人、協賛会社からも大変良い時間であったと、もっと時間が欲しかったという声をいただきましたので、ご要望にお応えして、パート2 を開催できないか企画中です。


 

 

RX-7 Meeting 事務局(出来)

イベント協力:
・TAAK DESIGN
三樹書房
株式会社ワキプリントピア
 >>>郵便局Web RX-7 40周年記念グッズ
7月17日〜10月1日期間限定で購入可能)

取材協力:
MZRacing犬塚雅史
 >>>MAZDA FUN SITE にレポート掲載していただきました!

ROTARY BROS.(青木邦敏) 

 
 

20189170747.jpg

9月13日に ROTARY BROS. Vol.10 が発売となりました!
P116-117に 7月7日  RX-7 40th Anniversary Meeting in 箱根
のレポートが掲載されているほか、全国ミーティングレポート、RX-7 40周年を記念して、HISTORY OF RX-7 SPIRITSとして、歴史を振り返るほか、チューニング情報も満載となっています。
http://www.motormagazine.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=975

 

みなさん、レポート書かれましたら、是非お知らせください。こちらにリンクして、ゲストの小早川さん、小野さん、参加者のみなさん、そしてRX-7ファン、歴代ロータリーファンのみなさんと共有したいと思いますのでよろしくお願いいたします。
(ご注意)当日のゲスト講演内容や雑談はこの『少人数ミーティング参加者だけの特権』です。今回参加できず、次回の参加を楽しみにしている方たちやゲストの立場に立った配慮で詳細すぎない掲載をお願いいたします。また動画のWeb掲載はご遠慮ください。
こちらに掲載されています集合写真はご自由にお使いください(Web掲載のため、顔がよくわからないくらいに画質を落としています)。
 
<参加者のみなさんのレポート見つけられたものを集めました>
  facebookはお友達になっていないと見れない場合があります
 
日和山 拓真  SA22C / サバンナRX-7 GT 前期  白(埼玉県)
 
赤レン FC3S / サバンナRX-7 GT-Rウイニングリミテッド 後期  緑(神奈川県)
市川 卓也  FC3S / サバンナRX-7 GTリミテッドSE  前期  青(東京都)
大久保 輝幸 FC3C / サバンナRX-7 カブリオレ 赤(茨城県県)
片岡 正勝    FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  赤(岐阜県)
Night Jack   FC3S / サバンナRX-7 GT-R 後期  白(埼玉県)
斎藤 勉 FC3S / サバンナRX-7 GT-R 後期  白(埼玉県)
田中 貴    FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  青(群馬県)
にゃんこせぶん FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  紫(東京都)
はりやま  FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  赤(神奈川県)
藤枝 雅美  FC3S / サバンナRX-7 GT-X 前期  青(栃木県)
向佐 創  FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期  赤(埼玉県)
Latias7☆  FC3S / サバンナRX-7 GT-X 後期 白(神奈川県)
 
秋間 理恵子  FD3S / RX-7 5型 青(神奈川県)
蛯名 正行 FD3S / RX-7 5型 青(神奈川県)
金原 拓哉  FD3S / RX-7 Type R バサースト 6型 黒(愛知県)
ちーふ!     FD3S / RX-7 Spirit R Type A 6型 グレー(神奈川県)
ツインおにぎり FD3S / RX-7 Type Rバサースト 6型  白(静岡県)
haggy  FD3S / RX-7 Type RZ 6型  白(東京都)
matt    FD3S / RX-7 Type R バサースト 6型 白(東京都)
ましゅ〜     FD3S / RX-7 Spirit R Type B 6型 青(東京都)
森田 正穂  FD3S / RX-7 Spirit R Type B 6型 青(東京都)
森久保 光明 FD3S / RX-7 Spirit R Type A  6型 グレー(東京都)
山浦 大輔    FD3S / RX-7 Type RS 後期  白(東京都)
横山 敏郎   FD3S / RX-7 Spirit R Type B 6型 グレー(愛知県)
 
 

Rotary Meeting 事務局
ディーテクニック
出来利弘

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.d-technique.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/129