ホーム>WEB MAGAZINE>7F イベントレポート>『ハタチの28』M2 1028誕生20周年記念イベントが開催されました
7F イベントレポート

『ハタチの28』M2 1028誕生20周年記念イベントが開催されました

2014420191739.jpg

 

M2 1028誕生20周年を祝うイベント『ハタチの28』がマツダ横浜R&Dで開催され、多くのオーナー&ファンが集まった。https://www.facebook.com/m2102820th
ゲストに元M2の水落正典氏、川添浩幸氏を迎え、多数の稀少な資料が展示された。

M2 1028はユーノスロードスター1800をベースに株式会社エム・ツー(マツダの子会社)が手がけたコンプリートカー第3段。M2 1028(通称ニーハチ)はメカチューンによる豪快なエンジンサウンド、高いステアリング剛性と弱オーバーにセットされたシャシーが印象的なモデル。アルミ素材などを多用しての軽量化と10点ロールケージを装着する高剛性ボディを持ち、その走りは公道を走れるコンペティションモデルそのものだった。
 
201442118365.JPG

会場はマツダ横浜R&D

2014421183825.JPG

20年前、M2 1028発表当時の資料をはじめ、グッズやパーツなど様々な展示が行われた

 

 

 
2014421184415.JPG
2014421184443.JPG

当時のM2走行イベント、Road&Ster誌創刊号、M2ツナギ

 

2014421184659.JPG

M2グローブ、M2 GARAGE キャップ、MOMO特注M2オリジナルステアリング

2014421184728.JPG

M2 1028 パーツカタログ、M2 1028 整備書

 

2014421184953.JPG

M2 GARAGEで販売されていたパーツ

2014421185040.JPG

カスタマイズされたM2 1028発表会に展示

 

2014421185346.JPG

M2 1028開発リーダーの田中秀昭氏(左)1994年2月8日
 

2014421185536.JPG

M2 1028発表会のこの写真からも
注目度の高さが感じられる

 

2014421185824.JPGのサムネイル画像

当時のM2スタッフ、川添浩幸氏がゲスト参加。「1028はイジる楽しみを持った商品だった。ビタローニ、MOMOを特注した当時、『高品質なものを少量だけ作る』限定車ならではの利点があったこと。Tシャツやキャップ、カスタマイズパーツなど様々な用品を準備し、クルマを買った後の世界『カーライフを提案する』という考えが当時のM2にあり、今のマツダにもそれが社風として受け継がれていると感じる」と語った。

 

2014421192219.JPG

M2 1028カタログ写真を中心にパネル展示

201442119230.JPG

参加者みんなで28そばを食べる。
なぜかそば屋さんの名前は田中屋(笑)

 

2014421192455.JPG

M2 1028 誕生20周年記念ボールペン

2014421192552.JPG

オーナー製作の素敵なM2 1028誕生ケーキ


 

2014421192926.JPG
2014421192957.JPG

   


2014421193116.JPG
2014421193145.JPG
 
 

 

 

2014421193417.JPG
2014421193439.JPG

 

『走る』、『イジる』、楽しみはここから。

M2はメーカーでなければ手を入れられない領域を磨きながら
メーカーとしてこれ以上やっては許されない領域の限界を攻めた
その心意気、危うさに多くのファンが魅了された
 
M2 1028を見た瞬間のあの興奮とトキメキは
20年の時を越えた今も、私達の心を捕らえて離さない
 
 
自動車研究家
出来利弘

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.d-technique.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/15